Saturday, July 28

築地すし

Fさんについれてってもらった。Mと。
今期Fさんボーナス良かったみたいで、
それを還元してくれた。
ありがたい。いつもグチ聞いてくれるし本当にありがたい。

結局、ぼくは、運や縁に強いんだと思う。
みんなが助けてくれている気がする。
だから、困難なときも、味方をさがすんではなくて、
自分が周りにGIVEできる人として、自律しないといけない。

そうしたい。


2018/07/28

台風の中、会社行ってきた。
月曜日の提案資料を作った。
この月曜日の打ち合わせ、なかなか降り出しなくて、
こんなタイミングになってしまった。

もう、情報を集めてもらって、
ぼくが判断をしてやっていくしかないと思った。

だから、もっと話を聞かないと。
任せきりでは良くないのは、お互い様だ。



明日は試験前最後のTAC授業。
中小の授業である。

今週はアタマから、情報~法務の復習ができた。
来週いっぱいで3科目キチンとリマインドとトレーニング、
過去問を完了させて、試験に備えていきたい。

情報・法務ともに、いまいい感じで、アウトプットの精度高められていると思う。
継続していこう。
毎日少しずつやっていくことがポイント。

Tuesday, July 24

2018/07/23

とにかく1日中寝てしまった。
今日は、熊谷で歴史的最高気温だったようで、
しぬほどに暑い時間帯、外に出ないで良かった。

やっぱり睡眠大事。

情報のH29/28の過去問実施。
29年は余裕だったけど、28年は打って変わってかなりの難問揃いで、
Eランクの数が多かった。
ギリギリ60点ではあったが、これが本番だと思うときつい。

しかし、これはぐちだけど、
さすがに中小企業診断士として知っておくべき論点かな?という
細かさもH28にはありまくりだったのではないかなと・・
どうなんだろう。

ぎゃくに新しいトピックスが多かったからそこを知っているべきが
中小企業診断士ということなのかな。

それにしても情報は、難易度のブレが大きいんだということを
身にしみてわかった。

とはいえ、基礎問題はもれなく出題されるわけだから、
この2週間で新しい論点をがりがり深掘りすることはほどほどに、
基礎固め+αくらいの心持ちでやっていきたいと思った。

Sunday, July 22

2018/07/22

この数日間は本当にしんどかった。

というのも、改編提案のときなど、
なかなか営業が刺さらなかったり、
その営業が他のクライアントに対してミスを連発したりと、
がっかりが続いたからだ。

それに加えて、Mちゃんがついに転職を決意した。

さらにJとごはんにいって、Jとうちの人事の子が話したはなしをきいたときに、
色んな情報を聞いてきて感じたことと、
ぼくが中で感じていた不穏さがなんだか似ていた。

国際の問題、うちの会社の提供価値の問題、
兼務の問題、若手流出の問題、そして営業の問題・・

360°から追い詰められているようで、本当に息が詰まっていた。

(あと、得意先としこたま日本酒を飲みすぎて、グロッキーになっていたことも
 いけない精神状態を作っていた原因でもある)



でも、ふと今日きちんと寝て、しばらく考えてみたら、
これって全部「人のせい」だって気づいた。

全部人のせいにして、去った人を追い、
過去に固執しているのは自分で、それこそ
一番イケてないんではないかと思った。

ぼくのポリシーを歪めてはいけない。
「ある程度の自由の中で、プランニングを縦横無尽に行い、
 得意先事業に貢献していくことを継続していくこと」
そして、
「自分の仕事は、自分で作ること」
結果として、
「鶏口牛後であること」
これを忘れてはいけない。

そのために必要なこと、それは
現状を嘆き悲しむことではなく、
過去に固執することではなく、
愚痴をこぼすことでも、
他者を罵倒することでもなく、

本当にするべきなのは、
考え続けること、
学び続けること、
前向きにすべてを先手で取り組み続けること、
これの他ない。

そのために、
ひたすら得意先の立場に立って、
社内の尊敬するAさんの立場に立って、
そして、
自分のポリシーに立ち返って、
学び続ける姿勢を崩さないことが大切だ。

違和感を感じているが、
それはその分、自分が成長できていることだったり、
同調圧力というなぞのサラリーマン病を蝕む壁からアタマひとつ
飛び出していられる証なのかもしれないとおもった。

多(他)を追従してはならない。
自分の感性を信じて、自分自身の考えで、行動しなければならない。


ことあるたびに、見返す
「奇跡のリンゴ」著者がその巻頭に記した
ひとつの詩をあらためて読み返したい。

危険から守り給えと祈るのではなく、
危険と勇敢に立ち向かえますように。 
痛みが鎮まることを乞うのではなく、
痛みに打ち克つ心を乞えますように。 
人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。 
不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、
自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。 
成功のなかにのみあなたの恵みを
感じるような卑怯者ではなく、
失意のときにこそ、
あなたの御手に握られていることに
気づけますように。 
「奇跡のリンゴ」文中より
ラビンドラナート・タゴール「果物採集」(石川拓治訳)

人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。

Friday, July 20

10年後世界が壊れても、君が生き残るために今、身につけるべきこと 答えのない不安を自信に変える賢者の方法 - 山口 揚平

オコり、オコられではなく、
だれも、善でも悪でもなく、そういうスタンスも
大事なのかもしれないと思った。すこし。

Monday, July 16

2018/07/16

3連休は休息と勉強と仕事で駆け抜けた。

とにかく先週が精神的に忙しかった。
・得意先の大事な提案の第1弾がある
・外部とのセッションに巻き込み事故される
・なぞの兼務発令にオコになる
・シキリの悪い海外案件にオコになる
・P部長PPNN事件でMちゃんやめる宣言
・など

いろんなヤバイことがあった。
本当にヤバすぎて、夢に何度も出てきた。

夢の中でも働いているんだから、それ相応の給料をもらってもいいのではないか。
と、思ってしまう笑。

とはいえ生還できた。がんばった。自分をちょっとだけ褒めながらでも
前に進まないと気が狂いそうになる。

外部とのセッションの件では、ひとつのアイスブレイクあった。
・本当に敵は味方のふりをすること
・外部には優しくすること
・新進気鋭のCDでも1企業(中小)の社長であること
・プロジェクト受注という発想
など

むちゃくちゃ収穫多かった。

何よりも扱っているテーマでいろいろ考えられていることが大事と思っている。

Sunday, July 8

Tweetから

すてきな写真家、濱田さんのツイート、
これ、むちゃくちゃわかるし、
わかれる自分で常にいたい。

2018/07/08

おとといは結局、改編作業を2時程までやっていて、
その後、4時位まで飲んでいたのに、
昨日は得意先とのワークショップが終日あり、
気絶しそうなほどだった。

Uは相変わらず、ふてくされ顔で、
花の金曜日であるはずなのに、Sさんに
Jとだいぶ言ってしまった。

でも正しいと思うこと、間違っていると思うことは、
きちんと伝えていかないといけないと思う。

それを諦めて、「おとなになって」
組織の同調圧力に屈していてはいけない。

とくにミレニアル世代の前線をはるべき
我々こそそうありたいと、思う。

昨日は気絶するように23時に寝て、
今日は、午後一から会社で仕事をして
歩いて帰ってきて、その後、法務のH28年の過去問をやった。

先日のH29年が64点。
今回のH28年が75点と、
点数が上がってきて、とても嬉しい。



Aさんに相談していていただき、
某外部とのセッションのスタッフとしてメンバー入ることになった。

尊敬できないYさんの案件だが、Aさんに相談されては、断れない。

Aさんには、すでに数多くの恩義がある。
・Jを一緒に引き止めようとしてくれたこと
・社内プロジェクトを作ってもらったこと
・Sとのセッションを作ってくれたこと
・Yの案件について体制をかえてくれたこと
・いつも気にかけてくれて話を聞いてくれること
・うまい肉をおごってくれること
など。

良い経験をさせてもらえるように、常に前向きに、
負けないような情報+よい仮説を発射していきたい。

情報屋だ的なこと言われてカチンと来たが、
でも、情報を発信する機会があるのはありがたい。
これに、ありったけの仮説をまぶす。

Thursday, July 5

最近の会社でのいろいろ

あいかわらず、業務の方はといえば、
・Uの自信喪失問題
・国際のニーズ不一致問題
・企業方針の解釈不十分問題
・40~50代の中核人材ダメ問題
・その中核人材の倫理観もダメ問題
等々尽きないが、
とにかく自分が領域を横断しまくって、
がんばることしかできないことに気がついた。

ときに営業、ときにメディアプランナー、
ときにプロダクトデザイナー、ときにCMディレクター
がんばって横断しながら、みんなをつなぐハブとして、
業務プロデュースできるように今後頑張っていきたいと思う。

そうすれば、きっと得意先は見てくれているし、
そして、また一緒に仕事をやりたい!と思ってもらえるはず。

社内を見ずに、
社外を、社会を見て、仕事をしたい。

愚痴ばかりはくのではなく、
機嫌よく外部とのつながりを強化できる年にしたい。

そして社内プロジェクトの方も進行して、
やはりこれでも外部のつながりを強化していきたい。

2018/07/05

TAC模試の結果はと言うと、
経営法務52点
情報システム64点
中小経営・政策75点
という結果で、法務がコケた。
さすがに論点が細かくて、超難しかった。

とはいえ、基礎的な部分もあって、
キチンとテキストみかえしたら
なんでだめだったかなぁという問題が7問ほどあった。

ということで、7月上旬は、
とにかく法務に重点砲火を実施する。

これまでの答練・模試から、
ポイント分野を特定し、それをテキストでインプットしたのち、
過去問を進捗させる。

とにかく過去問を1回めの土日には完全制覇して、
めどを付けたい。インプット・アウトプットがんばる。

今日H29の法務過去問を実施したところ、
64点獲得で、なんとかクリアできた。

ケアレスミスが2問あったので、
このあたり注意しながら、こまかな論点を確認していきたい。



そう言えば、前回爆死した、中小に関しては、
白書の読み込みが奏効したのか、7割台という健闘ぶり。
やりゃできる。それが暗記科目だ。この手応えを維持するべきだ!!

チリツモ。
まいにち少しずつの勉強を継続しよう。