Tuesday, May 29

85,000

今さっきちょうど、85,000インプいった。
自分もだいぶ含まれているけど・・

90,000まで、5,000きる。

2018/05/28

日曜日、経営システムと経営法務の完成答練1回目だった。
経営システムは一番早くに勉強を始めたし、
かつ前日もトレーニングを通しで実践するなど、
記憶フレッシュな状態だったために、結構点数が8割と、伸びた。

でも法務はちょっとこけた。
とはいえ、驚くべきなのは、あと1問正解で、合格点だったということ。
やまかんもあったけれど、最後は粘りが大事だということを改めて体感した。

経営法務は、やっぱり知識がかけているところがあるので、
もう一度、きちんとインプットにトライしてから、
アウトプットを繰り返していきたいと思った。

今回も先生がいいこと言ってた。
・国家試験は、10の曖昧な知識よりも、1の確実な知識。
 →消去法から、正解をあぶり出すことの精度が増す。
・アウトプットとインプットの高速化がキー。
 →とにかく実践的知識の使い方を日頃から意識しておくことが大事。

とにかく、正しい知識を高速で、そして戦略的(選択と集中)で
まずは身につけながら、トレーニングに励みたい。

なんとなく、自分の置かれている状況を知ることができて、
落ち着きを初めて得ることができた。
闘いにおいて、現在地を知ることはことのほか大切である。

・・・TAC申込みから1ヶ月足らずで、よくここまで健闘していると、
自分を自分で褒めながら、あとの2ヶ月悔いのないように走り切る!

今日は、完成答練の問題を丁寧に見返して、
テキストの該当箇所近辺をぐるっと見回りした。
スピードも意識しながら、丁寧にポイントをおさえられたのではいかなと思ってる。



あじさいが、ちょっとずつ咲き始めている。
もう、西日本の一部は、梅雨入りが疑われる季節になったようだ。

Monday, May 28

ブルートゥース

ネットサーフィンくらいだと、正直マウスはいらないんだけど、
仮に自宅でパワポなんかの企画書作り発生すると、
マウスがあったほうが良いということで、マイクロソフトのデザインマウス買った。

ただパソコンとブルートゥースで接続しようと思ったら、
また調子が悪くなって、ブルートゥースの設定ボタンが
行方不明に・・

むちゃくちゃ探しまくって、
ブルートゥースのドライバまでインストールしてみたんだけど、
解消せずに、BIOSの設定をいじってみたら見事に復活した。

BIOSなんて、情報システムで習っておいてよかった・・
Basic Input/Output Systemといって、OSに先立ち起動。
補助記憶装置から、OSを主記憶装置に展開したり、
その他のデバイスの管理もするというPCの隠れマネージャー。

たすかった。

しかし、ここで中小企業診断士の情報システムが
少しだけ役に立つとは・・

また、BIOSへ入ることもあるかもしれないので、
方法について動画を貼っておくことにする。

ちなみに、今回はBIOSの設定では
Bluetooth [Enabled]だったど、
一度 [Disabled]に変えて、もう一度 [Enabled]にしたら、
設定のブルートゥースボタンが回復し、マウスが同期できるようになった。

Friday, May 25

ウユニ塩湖

そろそろ本当に行ってみたい・・
写真は、ワイアードの記事から。

2018/05/24

昨日からキッコーマンのギャバ&テアニンサプリを試してみている。
血圧が下がって、よく眠れるらしい。
機能性表示食品だった。

今日は、2,3度寝ほどしてから、会社へ。

打ち合わせして、得意先にメール返信などしながら、
上野へ提案へ。

上野への道すがら、
とあるスタッフの件で、営業がふわふわしていることを
言っていたのを聞いているのがしんどくて、
またいろいろと言ってしまった。
前に進んでいるのだろうか・・不安になる。

仕事は慈善事業じゃないんだから、
切るものは切りゃいいのに、何を二の足を踏んでいるんだか、
さっぱりわからない。

むかしついていた上司(というか先輩)が、
よくぶつぶつ言っていることがあったかと思いだしたが、
今になってみるとよくわかる。

彼には、得意先と、その先のビジネスが見えていた、
それしか興味がなかった。だから社内の気遣いとか、
上司のごたくとか、「どうでもよかった」んだ。

ぼくも、よく言われた。
「そんなのどうでもいいだろ」って。

今になって、わかる。

何も仲良くすることは目的ではなくて、
得意先に対して最高のソリューションを提示しることが、
一番と思えば、答えは自ずと出るはず。

ぼくは、いろんなとても優秀な先輩から、
この「スタンス」を習えただけでも、もうけものなんだ。

今になって、時間はかかったが、
本当に、ありがたいと思っている。


営業と、プロモーションは別途提案があるとのことで、
ひとりでかえってきた。(Jが予期していた、この時間非共有が起きている笑)

暑い日差しの中の、湯島のいつものジェラートやさんが最高だった。

会社に荷物おいて、すぐに帰宅。

帰宅して、ムジから机が来た。
組み立てて、とりあえず「甲田」へ。(すぐには勉強しない笑)


その後3時間ほどお勉強。
情報システムの完成答練に備えて、
1~3回目のトレーニングを完了させた。

明日は、可能であれば4~6回のトレーニングを
もう一度、テキストの復習も含めて実施しておきたい。

Wednesday, May 23

2018/05/23

今日は、お昼からC会議であった。
ちょっと不手際があったが、結果的に先方からも前向きなメールが来てよかった。。
とはいえ、今後は本当に気をつけないと。
善管注意義務違反になってしまう。
とにかくエライ人の取り回しは面倒だ。

その後、社内でTの打ち合わせ。
Jに対して、営業チームから些末な指示がはいって
イラッときてしまった。

別に言いまわしとかそんなのどうでも良くて、
とにかくいちスタッフとしてJがきちんと
自分の足で立とうとしているのかさえ、
見極めたら良いのに。
あと、営業なんだから落としどころ。

なんかつまんなくなって、目も合わさずに逃げてきた。
こんなんで気を使ってバカバカしい。

最近、本当に社内にいて、
そんな意識が適当な人と話しているのがいやだ。

まだ、得意先と打ち合わせしている方が気が休まる。

帰宅して、勉強。
今日は、経営法務の大事なポイントのトレーニングを完了させた。

経営法務の頻出論点の「会社法」と「知的財産」のトレーニングを終え、
今後の進め方が難しいなと悩んでいる。いったんこれらをもう一度復習しながら、
答練のやまかんに頼ることにするか。

あとは、情報システムについても、
もう一度、トレーニングを一巡して、思い出してから、
日曜日の完成答練に望みたいと思う。

2018/05/22

Hがだいぶ弱っている様子だったので、
飲みに行って結局21日の夜は勉強できず・・無念。

Hも男気を出すタイミングということを
会社から言われているということはよくわかった。
まぁ今になって彼の言い分を思い出していると、
なかなか都合が良すぎるところもあるから、
その上司(たち)が、持たせたいスタンスというのもわかることはわかる。

ここでHが踏ん張れないとなると、
おそらく相当生きづらくなるということで、
厳しく接しているのではないかな・・と思った。
(ぼくまで「敵」になるとキッツイだろうから、そこまで言えなかったけど)

今日は、明日のCさんの会議の台本打ち合わせもした。
先方に通う回数も増え、先方ご担当・社員さんとも一緒にいる時間が増えた。

帰りは同期の営業担当Tと「弥市」で定食食べた。
初夏の鰹たたき定食は絶品である。


もろもろ企画して、明るいうちに会社出られた。

マイソウルフードを噛み締めに、「甲田」へ。
あっついのにクーラーのかかってない店内で、
定食をかきこむ幸せというものもあるのだなぁと思った。
(本日、定食2回め。おかわりも2回。総ちゃわん4パワー。激ヤバ・・)


その後、昼寝して、経営法務の
「特許権、実用新案権、意匠権、商標権」「著作権」と
民法の一部、相続についてテキスト復習した。

とくに経営法務は、的を絞る必要性を感じているので、
とりあえず頻出論点にドッグイヤーをつけて、
まずはそこを狙い撃ちすることにした。

会社の仕事が地味に忙しくなってきているが、
時間やりくりしながら、がんばる。

Friday, May 18

2018/05/17

昨日、芝公園からの打ち合わせ後、
営業の先輩・同僚と飲みに行く約束があり、
結構飲んでしまって、勉強ができなかった。
残念。

しかも隣の人が怪しい酒を飲んでいて、
もらったのがなぞの味で、それのせいなのか、だいぶ残った。
しかも寝違えたし・・つらい。

今日は、もろもろ打ち合わせに追われた。
ひとつの打ち合わせが長い・・
仮説思考をしないから、情報共有の時間が長すぎて辛い。
ただ、それを拒むと「なんで真面目にやろうとしてるのに・・」
って顔されるとどうもやるせない気持ちになる。

とにかく自分の信じるようにやるしかない。
社内に対して気を使っている暇は正直ない。

帰ってきて、経営法務の会社法のトレーニングを完了させた。
今週土曜日は、終日得意先とのワークショップなので、
勉強にあまり時間が割けない。

でも、ついに机・椅子・デスクライトを発注して、
それが日曜日にとどくので、これを設置して、
経営法務の講義5・6を完了し、
もう一つの頻出論点である「知的財産等に関する知識」を
マスターできるように頑張りたいと作戦をねっている。

そろそろ、TACの完成答練が近づいてきているので、
情報システムにも立ち返って、トレーニング&過去問がんばろう。

毎日少しづつ着実に歩むのが大事と思う。


ところで、今朝、赤坂の改札が燃える闘魂と化していた。
出場=リング入に見れる。熱い・・
メラメラ。

Tuesday, May 15

2018/05/15

昨日から今日はだいぶ寝られた。
昨日調子悪かった分、今日は勉強頑張った。
法務の会社法のところ復習して、トレーニングも会社法のところ半分完了した。
結構勘違いして覚えてたりとか、覚えてなかったりとかした。

ところで、法務の先生が良いことを言っていた。

エジソンの言葉、
「1%のひらめき、99%の努力」に関して、
一般的にはこれが頑張る人の組成だと表現されるが、
本来は、
1%のひらめきが”なければ”、99%の努力は”ムダ”ということを
言っているとも取れるとのこと。

これを試験勉強に応用して、
1%の作戦がなければ、99%の努力はムダに帰するということを
説いていた。

まさにこのとおりだと思った。

試験は、作る人解く人の対話だ。
作る人の意図が何かを、過去問やトレーニングで
しっかり探る練習をしておくことが基本になる。

まさに、傾向と対策。これが大事。
がちんこでテスト勉強するのは、高校受験と大学院受験のとき以来。

でも、会社のことたくさん違った角度から勉強できる機会は初めてでおもしろい。
意味のある勉強とも言うべきか・・



今日は早くに家に帰れたので、勉強の合間に、
むちゃくちゃ久しぶりに、初台坂下の「甲田」へ定食を食べに行った。

まだ明るい夕方に、爽やかな風が吹き込むお店で、
豚の生姜焼き定食を食べていると、リアル実家を思い出して、
なんだか、不思議な気持ちになった。
試験勉強モードであることも手伝って、妙に懐かしい気分。

たまには埼玉の実家に帰って、
おばあちゃんのお墓参りもして、
それで家族で、
家でごはんを食べるということもしたいなぁと思った。


大根の味噌汁、久しぶりだった。
すこしホロ苦くって、おいしかった。


Ryu Matsuyamaの新曲がとどいて、SoundCloudをふらふらと見に行ったら、
とってもいい曲があった。貼っておく。

Saturday, May 12

New Google Map @Google I/O

マウンテンビューの野外コンサートホール、
Shoreline Amphitheatreで開催中のデベロッパー・カンファレンス、
Google I/Oで発表された、グーグルマップの新バージョンがすごい!

自分が行ったことがあるところや、レイティングしたところなんかを元に、
ラーニング解析して、おすすめ度(自分とのマッチング度)を提供してくれるとのこと。

ますますグーグルマップに情報をためておくことが好きになりそう・・
とはいえ、やはり北米にデータをせっせか送っていることは変わりなく、
なんというか、日本のIT発展のためにできることはなかろうかと、
ちょっと立ち止まって考えてしまう。

Your match
Tapping on any food or drink venue will display your “match”—a number that suggests how likely you are to enjoy a place and reasons explaining why. We use machine learning to generate this number, based on a few factors: what we know about a business, the food and drink preferences you’ve selected in Google Maps, places you’ve been to, and whether you’ve rated a restaurant or added it to a list. Your matches change as your own tastes and preferences evolve over time—it’s like your own expert sidekick, helping you quickly assess your options and confidently make a decision.

2018/05/12

昨日は0時になる前に寝て今日は
11:30に起きた。
ばっちり12時間ほど寝て、
起きてすぐにコーヒー飲んで、勉強した。

昼は、癒やしを求めて久しぶりにつけ麺を食べに、
空海へ。おいしかった。

その後、行ってみたかったFLOTOまで足を伸ばしてみて。
ジェラートめちゃくちゃおいしかった。
600円以上もしたけど・・


とはいえ、やっぱり地べたスタイルだと腰が痛くなるので、
結局3時くらいに会社いった。

経営法務2時限目まで終了。
この科目で終了なので、がんばる。

参宮橋を歩いていたら超かっこいいクルマを見つけた。
「LADA 4x4」というロゴから調べたら、
ロシアのだとわかった。
だいぶクラシックな雰囲気とはいえ、なんとソ連時代からマイナーチェンジ
1度もしないで、今でも新車を作っているクルマらしい。

60年台のフィアットチンクエチェントを彷彿とさせる
ジープモデルで、かなりそそる。


この眉毛みたいなサイドライトがたまらん。
そして、3ドアでコンパクト。


むっちゃくちゃかっこいい!!
千駄ヶ谷に輸入代理店もある様子。

Friday, May 11

共感

とあるビジネス書に書いてあった7箇条。

1. 「学ぶことがあたりまえ」だと考えている
2. 人生に起きるすべての経験に「意味づけ」をしている
3. 独自の「ルール」を決め、習慣化している
4. 「運」を大切にしている
5. 「試行錯誤」の末に新たな価値を生みだす
6. 明確な「判断基準」を持ち、不必要なことはやらない
7. すべては「直感」から始まっている

元同僚のJのことを思い出す。

2018/05/11

1日中めちゃくちゃ眠かった。
本当に倒れるかと思った。

昨日も勉強のながれから2時くらいまで起きてしまったのが良くなかった。
今週はこんな毎日が続いたからたぶん疲れが出たんだと思う。

でも今日も勉強短い時間だけど頑張った。
1日も休むことなく、しんどいときもあるけど、ほんの15分やるだけで、
また、やる気が復活してくるから、不思議なものである。

西新宿の打ち合わせから、
今日はずっと社内打ち合わせしていた。

プロジェクトの報告を若手中心でやったが、
みんな意見言ってくれてやる気溢れててほんと嬉しかった。

協力会社の提案は・・・
もうちょっと頑張って欲しいレベル。

なかなか前向きにやってくれないものだ。
なんでだ。

とりあえず寝る。

Thursday, May 10

2018/05/10

朝、7:45ほどに起きられた。
起きてしばらくボーッとしていたけど、これではいかんと、
コーヒー淹れて勉強がんばった。

1時間くらいトレーニング問題して、採点して、
会社いった。

解説読むのに時間がかかって、会社でもちょっと読んだが、
結局集中できなかったので、
こまぎれかつ会社などの外空間はあんまり勉強にはむかいないなぁって
思った。

その後、高崎へ。

しこたまお酒をいただいて、
帰ってきた。

今日は、今朝の続きをちょっとだけして、
早めに寝ることにする。

明日もきちんと起きて、
勉強してから得意先に行きたい。

--

ところでお~いお茶の一番茶100%なる「新緑」という商品の
コミュニケーションがうまいなぁって思った。

コピーが、「飲む、深呼吸。」なんだけど、
・リラックスが大切な新年度
・働き方改革で求められる余裕
・畳が好きな日本人のアイデンティティ
そして、
・一番茶のさわやかなおいしさ
これらがあいまみえて、この表現になっているような気がする。



過保護のカホコで、荒れてたいとこ役の女の子のキャスティングも、まぁ絶妙。

2018/05/09

今朝、ちょっと早く起きられて勉強できた。
本当はトレーニング設問をやりたかったけど、
朝から往訪であったため、やむなく教科書をさっと読んででかけた。
勉強すると頭が冴える気がする。

得意先打ち合わせ1件やって、
社内打ち合わせ、その後もう一個往訪で得意先打ち合わせ。
思うようになかなかいかないこともあるがそれは仕方ない。

明日の資料は後輩に事前にワードで提案ストーリーを詳細に書いて、
パワポ化するように依頼していたので、ある程度、負荷は軽減された。

もっと後輩の手が早くなれば、かなりうまく回るのではないかなと思った。

これまで、後輩の育成はマンツーマンで、
全部の打ち合わせにきっちり出して、一緒にストーリーを練り上げて、
と時間をかけてやっていたけど、
今回みたいに、ストーリーだけ作って、パワポでなぞってもらうことで、
時間も短縮されながらも、そして後輩の理解も、進むのではないかと思った。
一石二鳥だ。

とはいえ、この進め方だと、
パワポの提案資料について、後輩の色が少なからず出てくるので、
これに対して、自分がいかに柔軟にいられるかということ、
自分の課題として残ることに気がついた。

これについては、もう少しコミュニケーションをとって、
ストーリーやトンマナについてのすり合わせが必要なのかもしれない。

後輩の個性を失うかもという、盲目的な問いは忘れて、
とにかく修行期間であるため、量の取り組みを強化できる
最善の方法なのだと思い、今後も調整をしながら進めていきたい。

--

ツイッターで濱田英明さんという写真家をしったのだが、
どうしたらこんな空気感の写真がとることができるんだろうと、
不思議だ。

Tuesday, May 8

2018/05/07

今日は一応連休明けで、久しぶりの会社だった。
休みの日も実は会社で中小企業診断士の勉強していたので、
そんなに久しぶりな感じはしなかった。

とりあえず4、5月は実は例年ある程度余裕があるので、
この時間に勉強をしておくのが、来年も得策だろう。

6、7月にはちょっと大きめの調査案件とか、
その他、開発案件も入ってくる可能性があるので、
コツコツ積み上げが早いうちから大事。

あと、これはTACの先生が言ってたんだけど、
とにかく毎日やることが大事とのこと。
難しい場合は、ほんの10分、15分、テキストを読むだけや
音声を聞くだけでも勉強する意識を保つためには大事らしい。

これを肝に銘じた自分としては、
B&Bに行ったとしても、ビールはいったんがまんして
帰ってこざるを得なかった。
しかし、ビールの量も減るし、これはなかなか一石三鳥ほどに
なっているのでは?!と自分を鼓舞する日々である。

でも、確実に仕事を見る目が変わったと思う。

ささいなところでは、これまでお付き合いのあった会社や得意先で
中小企業基本法における定義の中小企業はどれだけあるか、や
そうでなくても、そのさきの孫受けや取引先に対して、
中小企業等経営強化法が定める支援もセットで、
何かを提案できないか?と考えるアプローチなどである。

きちんと勉強すればするほど、
味が出る資格のような気もする。

海老原嗣生×三津村直貴 「仕事なくなるっていうたのに、ちっともなくなりまへんがな!」 『「AIで仕事がなくなる」論のウソ』(イースト・プレス)刊行記念

2018/05/07 Mon
海老原嗣生×三津村直貴
「仕事なくなるっていうたのに、ちっともなくなりまへんがな!」
『「AIで仕事がなくなる」論のウソ』(イースト・プレス)刊行記念
~これから15年で今ある仕事は47%が消滅する!~

衝撃的なフレイとオズボーンの「オックスフォード・レポート」が世に出て、今年で5年となります。ほぼ同じ手法でコピーのように野村総研が同様のレポートを発表し、それらを取り上げる形で、有名なビジネス誌で「これからなくなる仕事」「生き残るための処方箋」などが特集となりました。世の多くのビジネスパーソンが、背中に冷や汗を掻いたのではありませんか?

それから現在まで、「15年」の3分の1が過ぎましたが、雇用は減るどころか、世界中がかつてない人手不足に悩まされています。 

このギャップは一体なぜ起きたのでしょうか?答えは簡単。こうした高名なレポートは、雇用現場を全く調べずに書かれたものだったから。

今回発売されました『「AIで仕事がなくなる」論のウソ』(イースト・プレス)では、雇用現場を丁寧に取材し、AIによる労働の代替はどのように進むのか、そして、なぜ今、まったく進んでいないのかに迫っています。

結果、見えてきたのは、これから15年では、知的労働、サービス業、製造業、建設業などの仕事はほとんどなくならないという事実。ただし、15年から先に、2ステップで雇用消失は起こります。               

そして、前段階として「すきま労働」化が起きる。それはなぜか?そこをわかるためには、雇用実務だけでなく、AI進化のパラダイムとタイムスパンを押さえておかなければなりません。

はやりのAIについて、覚えておくべき理論・用語を誰でもわかるようにかみ砕いて説明し、実務面と絡めて将来を考えていきます。


後半は、AI関連の書籍を多数出版するこの分野のプロ、三津村直貴さんとの対談。三津村さんは本書1章の監修しております。人工知能の詳細、そして、機械が支配する未来は来るのか。その時、人々はどのように生きていくべきなのか。そんな話を、対談形式で教えてもらいます!

【出演者プロフィール】
三津村直貴(みつむら・なおき)
合同会社Noteip代表。ライター。米国の大学でコンピューターサイエンスを専攻。国内の一部上場企業でIT関連製品の企画・マーケティングなどに従事し、退職後はライターとして書籍や記事の執筆、WEBコンテンツの制作に関わっている。扱えるジャンルは人工知能の他に科学・IT・軍事・医療と幅広く、国の研究機関の下で調査員として研究活動に関わった経験もある。

今日も会社終わりに、下北沢B&B行ってきた。
特に今回の講演は、超絶的に、面白かった。

特に海老原嗣生さんのAIに関する嘘を暴く視点と、
そして彼の喋りのうまさ!引き込まれた。

前回B&Bで参加したイベントもAIを過剰評価するでない!
という内容だったけど、双方通して、AIに関する自分の知識や
見解がまとまってきたので良かったなって思う。

本も早速購入したので、
会社で読んでみよう。

Sunday, May 6

2018/05/06

ひたすら中小企業診断士の勉強やった。
家に閉じこもって1日中勉強するなんて久しぶり。

その後、Yと久しぶりに代々木公園の「ヨヨナム」へご飯にいったけど、
この日初めて外に出たのでとても嬉しかった・・

そしておいしかった。


連休最終日とのことで、食材が少なくなってしまったということで、
なんとサラダ裏メニュー作ってくれた。
ナスのサラダとてもよかった。写真の上のやつ。


バインセオがやっぱり最高においしい。

そして店員のお姉さんがとても感じ良かった。
ワインのイチオシもおいしかった。

あしたも、勉強と仕事がんばろう。

2018/05/05

今年のGWは、中小企業診断士の勉強三昧で終わりそう・・。
TACの1.5年生のやつ通っているけど、他の人と比べて2ヶ月ちょっと
出遅れているから頑張らないとなかなか追いつかない。

今日で情報経営システムの4回分、
中小企業経営・政策の4回分終了し、
残るは、
情報経営システムの5・6回目の2回分。
経営法務6回分(フル・・汗)である。

一応、自分で立てた学習進捗には沿っているものの、
まだまだほぼ折り返しかと思うと長い道のりである。

ようやくTACの教材と授業形態にも慣れてきた。
教材は論点(よく出るところ)がまとめられているのでわかりやすいのだけれど、
インデントがうまくされていない(たぶん、紙面を多くとるため)ので、
途中でレイヤーの道に迷いがちになるところが難点。

ただしここは、章に入るところに構造がしっかりかいてあるので、
ここを忘れなければなんとなくフォローできる。
あとは、その後の復習で速読する(もしくは2倍速で講義動画を見る)と、
構造が頭に入ってきて納得できる。

 *しかし、ウェブ配信の講義は先生がやっぱりうまいなって思った。
  1)とにかく論点をはっきり言ってくれるところ
  2)出題傾向から分析した今回のポイントを教えてくれるところ
  あと実は、イチバン大事かもなって思うのは、
  3)その背景にある構造も踏まえて道に迷わないよう誘導してくれるところ
  このあたりがしっかりした人だとすこぶるわかりやすいなって思う。

と、まぁ、要するに、単純に1回なぞっただけでは、
量も多いし、構造も複雑なので、完全にはわからない内容になっている。

難しい内容で初めて触れることがほとんどだけど、
前途多難ではない。

これまで生活する中や、会社でいろんな情報に触れる中で
気になっていた会社の仕組みや情報機器の仕組みなんかが、
ひとつずつ明らかになっていくみたいで、そこは本当に面白い。

なんだか先週くらいに、勢いで受講始めてしまったけど、
これはこれで良かったのかもって思ってる。

(しかしまだ1週間しかたってないで結構進められて自分エライ・・
 と、自画自賛してアジテートしていくのがいいな・・)

先日、タモリ倶楽部でデアゴスティーニの回を見てて、
なんだか、資格試験の勉強もこんな感じなのかもなぁ、似てるなぁって思った。

1回1回はちょびっとずつしか伸びないんだけど、
気がついて振り向くとなんとなく前進してる。
(しかも楽しんで)

こんな感じでも良いのかもなって思って、頑張ろうと決意新たにしているところ。

-------

TACの昼休みは意外に楽しい。
というのも、1.5時間もあるので、遠出して食事ができるからだ。

今日は昼間の百軒店を徘徊し(健全な時間は初めて?笑)、
ラーメン喜楽で、もやしワンタン麺(950円)を食べ、
コーヒースタンドAbout life coffee brewersでアメリカーノ(420円)を飲んだ。

五月晴れで、天気も良かったし、これだけでもすこぶる幸せであった。


そういえば、今日は渋谷から奥渋通り(NHK裏通り;わたくし命名)を
歩いて帰ってきた。
(中小企業経営・政策の復習でトレーニング問題やったのだけど、
 ことごとく覚えられてなくてショックすぎて、焦って、歩いて帰ってきた・・笑。
 やっぱり講義だけじゃ満足に覚えられない。復習がんばろう!)

代々木八幡の商店街を通り抜けるとき、
大好きな「ハシヤ」が閉店してるの気がついて愕然とした・・

ハシヤは、代々木八幡人ならだれでも行ったことがあるような
スパゲティの名店で、ジャパニーズスパゲティ文化のパイオニアといっても過言ではない
お店だったのだけど、今日見たら閉店の張り紙がしてあり、
店内はすっかりもぬけの殻となってた。

設備老朽化とのことだけど、どうしたものやら。


ハシヤは飲食業で、そして資本金が「5,000万円以下」か、
もしくは、従業員数が「50人以下」ならば、
中小企業基本法における「中小企業」なのだが、
今日勉強しているような支援政策などが活用できることも
あるんじゃなかろうかなんて、まだ試験にも受かってない身なのに
おせっかいなこと考えた。

世の中は五月晴れのGWに浮足立っているというのに、
空っぽの厨房に引っ込められた看板が、なんだか切なかった。

Saturday, May 5

展覧会「ブルーノ・ムナーリ こどもの心をもちつづけるということ」展

行ってきた。
良かった。


ブルーノ・ムナーリの作品をこれだけたくさん見られるのは
とても貴重だと思った。



ブルーノ・ムナーリって、
「ファンタジア」を読んだことがあったんだけど、
気づきを与えてくれるアプローチや
言葉を介さずに教えてくれる何かを
意識している作品がたくさんあって、
とてもおもしろかった。

子どもや、国を超えて
親しまれる理由がよくわかる。

Wednesday, May 2

マル・デ・クリスチアノ

前々から気になっていたお店に行って飲んできた。

代々木八幡一体に展開するクリスチアノやナタ・デ・クリスチアノの
兄弟店である、マル・デ・クリスチアノ。
名前の通り海の幸のポルトガル料理を提供してくれる。

グリーンワインというポルトガルのワインとの相性抜群の料理たちで、
また、その品数がかなり多い。

店員さんが親切&チャーミングにおすすめしてくれて
これも楽しさUPポイントであった。

ビールもポルトガルのものを用意してあったり、
自家製缶詰をささっとだしてくれたり(絶品)、
トイレの石鹸が薬用石鹸ミューズであったりと、
嬉しいポイント120%で、また来訪したいと心から思った。

そういえば、ここで提供されるお店の名前もついた
ティラミスがまた絶品なのだが、これまでのティラミス観を
土台覆す仕上がりには驚いた。

まず、足のついたワイングラスに入ってて、
そして、構成要素がまるで異なり、
ムースやパッションフルーツのソースや、アイスクリームや
ビターキャラメルなど、層状に積み重なった
ハーモニーはまさに創作ティラミスの境地とも言える仕上がり。

聞けば、このクリスチアノ系列の社長が考案したものだとか。

これも店員さんが教えてくれたのだが、ここの社長は、
クリスチアノ本店オープンに際して、
「ポルトガル料理なら日本でやってるやつがおらんだろう」
ということで、ポルトガルを選んだとか。

面白そうな人である。
店員さんがユーモラスな感じになるのが頷けた。

最近はこれまた代々木八幡商店街の並びにある
「惣菜ともんじゃのさとう」に頻繁にいるようで、
次はここにも顔を出してみようかと思った。

マル・デ・クリスチアノにも、また行きたい。


この写真は、うさぎちゃんとかぼちゃの煮たやつ。
(ティラミスは、撮り忘れた・・)