Thursday, December 28

2018年占い

都合の良い占い結果を貼っておいて、
見れば、あ~ら不思議!

まれに見る希望の年に!

***

2018年は「心の霧が晴れるような1年に」
 2018年、あなたは12年に1度の幸運期を迎えることになります。これまでの混沌としていた状況が自然と解決の方向に向かったり、もやもやとした心の霧が晴れていることに気づいたり。特に何が変わるわけではなくても、あなたの深い内側から、ふつふつとエネルギーが満ちあふれていくような変化に気づくでしょう。

個人年運数「9」の年は、カバラが説く、9年間の運命のサイクルの最後の年となります。今後の人生の方向性を決める重要な一年となるでしょう。
次に訪れる9年間をよりよいものにするためには、過去を振り返り、今後のために慎重な計画を練ることが必要です。自分の基礎を固めることで、来年以降の幸運を準備をしていきましょう。

仕事面では、新しい顧客やビジネスパートナーに恵まれるときです。また、新しい仕事にも恵まれます。意外な転職先がみつかるかもしれません。以前から興味がある分野ににチャレンジしてみてもよいでしょう。過去の人間関係が運の善し悪しに大きく影響及ぼすため、交流を大切にしてください。

Tuesday, December 26

ダークサイドとは

スター・ウォーズ エピソード8
The Last Jediみてきた。

SF好きとしては盛りだくさんの内容であり、
大変満足だった。

そして、フォースのコアな部分に触れられている点でも見応えがあった。

とくに、ルークが隠れていたジェダイの聖地にある
ダークサイドを象徴する島の入江の深部で
レイが体験することがらについて、暗黒面の核心に触れることで
反対にライトサイドについて描き出そうとしている部分は、非常に魅力的であった。

レイが体験するのは、合わせ鏡のように奥深くまで続く
自分の過去が見えるパースペクティブであり、
少し前の一挙手一投足が広がるさまが確認できる。

これを「過去への執着」と見た。

つまり暗黒面とは、過去に取り憑かれ
後悔するときに、怒り苦しみ悲しむことであると・・

過去と未来、
ネガティブとポジティブ
怒り、苦しみ、悲しみと無我
それらが対比されて、入り混じり力のバランスを保つということが
象徴的に描かれているのではないかと感じた。

やはり、
ここから、禅の境地を感じるところであり、
とにかく現在に集中し、無我を得ることから物事が始まると
説く(禅にそこまで明るくないのでそうだと想像する)中に、
フォースの真髄を見る。

***

また、単純に善と悪という対比構造だけではなく、
双方が入り混じり合いながら、「生きる、生き抜く」ことの
大切さについて触れる点は、
まさに現代の鏡としてのスター・ウォーズのあり方ではなかろうか。

種の保存についてⅡ

そして、、気がついてしまった。

これは、体の良い吸収合併のシナリオであることを。。

ホールディングスを置くとすれば、カルデラ化は絶対にしない・・

種の保存について

種の生存方法には2種類あるとして、
その対立構造の中で苦しむ科学者、そして宇宙船パイロットの苦悩と活躍を描いたのが、
インターステラ。

いま、中計に触れて、
もしかして、会社の偉い人は、
この2種類の生存方法を天秤にかけているのではと思った。。

カルデラ化する可能性のある母体から
切り離し、小型の事業会社を生き残らせる・・
これのほうが、実は可能性もあり次世代にあって
理にかなった形態だとするならば、、

答えは思ったほど明確であり、
志と技術ある者の脱出ポッドとして、事業会社が独立していき、
大義や後ろめたさなんて感じないうちに、
そんなの感じる意義さえ見いだせないまま、
空母は見捨てられる運命だ。

はたしてこの空母を守る必要があるのか、
あるいはないのか、

そして守る必要がある場合、
そのためにはどうすればよいのか。

脱出ポッドの事業会社との人材還流だけでなし得るのか。

しかし、
誰が、死を決して泥舟空母に戻ろうとするのか。

それだけの哲学を空母である今の会社は持てているのか。

Wednesday, December 20

ANA「世界は、ひとつになれる。」CM(60秒)



さびしいよ!

と声を大にして言いたい。。

崇徳院(77番)

すべては重なるものだ・・

宇多田ヒカルの歌詞
スターウォーズの新作の公開
仕事の状況
わろてんかの落語、

瀬を早(はや)み 岩にせかるる 滝川(たきがは)の
われても末(すゑ)に 逢はむとぞ思ふ

とか・・

よく考えて、がんばろう

よく考えて、頑張れは拾う神あるやろ

Monday, December 11

ザ・ノンフィクション

この回、沁みた・・・

スタミナ苑も、
大分佐伯のお店も、
今度いってみたい。



Saturday, December 9

ジャポネ

12月はジャポネに限る。

2年前にも同じようなことで投稿してた。。

今回もジャリコ大盛り(ジャンボ)。


師走

いろんな酒粕試したけど、やっぱり甘酒には、
ばら粕よりも、板粕で、そして伊勢丹で売っているやつが最高に良い。

昨日、マルマンで購入したばら粕を、
風呂に入っているあいだ弱火でことことしていたら、
本当に出来具合までことことしおって、
残された米粒が形質変化したのか、どろどろの粥状になって
なぞに味のしない代物になってしまっていた・・

そいうことで、板粕を買うために
わざわざ酒粕買うのに伊勢丹までいってきた。
久しぶりにiPodも復活させたことだし、
昔の曲ききながら散歩がてら歩いて往復。

もうそろそろ世の中はクリスマスで、
アップルミュージックでは山下達郎がTOPチャートに入っていたのを
思い出してか、竹内まりやを超久しぶりにきくとこれまた良かった。

あまり明るい曲(とくにクリスマスソング)を聞くと精神衛生上よくないので、
「すてきなホリディ」ではなく、
ここは、「駅」。

よくできた歌だなぁと改めて思った。

今日は夕方からビール飲んで、
甘酒作って、
癒やしな土曜日になりそうである。


Sunday, December 3

甘酒フリーク

さすが伊勢丹。
高級そうな酒粕があったので、
聞き甘酒にトライ!

おいしゅうございました。