Sunday, August 13

夏休み2017 Paris - Day2

2日めも精力的に活動!

この日はちょっと足を伸ばしてジベルニーへ。
モネのお家探訪です。



輝く太陽、たなびくトリコロール、そして美しい緑。

これ以上欲しいものがあるものか。



モネのお家は、2階建ての8間ほどの大きさ。
各部屋にテーマカラーのようなものがあって、色使いがとてもかわいかった。

印象的だったのは、日本の浮世絵がたくさん飾られていたこと。
大変影響を受けたことをうかがいしる。



この眠り猫もどこか日本趣味。
(日光で見たことがある)



幹線道路を挟んでこの庭こそ、まさに睡蓮の庭。
写真で撮ってしまえば、こんな風に普通?の池なんだけど、
モネの視座を通せば、あのように瞑想へ誘う絵画となることがまた不思議である。



花が咲き乱れる庭の様子。

こんな風景の中で暮らしていたら、
どんな価値観が育まれるのだろうか。

その足でパリへ戻って、ルイビトンファンデーションへ。
フランコ・ゲーリー作の現代建築。



総工費いくら?的な立派な美術館であった。

このシーズンの展示のテーマはアフリカであり、
やっぱり移民多いし、アフリカをルーツに持つ人が身近なことから、
理解ニーズみたいのがあるのかな?と思った。



展示も興味深かったけれど、
やっぱり建築に目が行く。



黄色い光る柱の回廊があって、
そこは、独特なリズムで柱が刻んであって、面白かった。
考えさせられる空間的な感じだった。



1Fのカフェを、あなどってはいけない!
このフランコゲーリーフィーチャーな名前のカフェのすごいところは
まず、照明と思しきオブジェがかなりアート。



このコイがそれ。

さらに、ケーキが抜群においしい。
騙されたと思って頼んでみて正解だった。

ヨーロッパの美術館や博物館で、しっかり過ごすためのこうした
カフェや空間の間のとり方は、本当におもしろい。

(このLVFはもうちょっと、ベンチがほしいところだけど・・
 やっぱり狩猟民族を祖先に持つヨーロッパ系は足が強いのか・・)





このファンデーション美術館がある巨大な公園は、
おそらく昔で言うパリの外
(というのもナンバー区がついてない / ”ポルト”という城壁的な場所の外なので)
のブローニュの森にあって、
その公園が、入場料が必要なかわいらしいぷち遊園地になっていた。

LVFに入ったら自動的に入れるんだけど、
そんな仕組みも最高に良かった。



あと公園内に、狭軌のSL(電動)が走っていて、かなり胸熱だった。
しかもGoogle Mapによると尋常じゃない走行距離であり、
パリっ子の遊園地にかける情熱と徹底ぶりに感服した次第である。



この日は、わたしたちの熱烈な要望で、パリの中華料理屋へ。
日本人もよく訪れるというベルヴィルにあるルグランボル(Le Grand Bol)という
ところへ連れて行ってもらった。

欧州の日差しをたんと浴びたボディに、
シャバシャバの青島は、この世のものとは思えないほどうまかった。

そして謎の貝料理をたんと食べて、この日は終了とあいなった。