Sunday, May 14

脱・一元論/失敗の本質

私が働く会社にもスローガンがある。
ごくごく月並みな、業界ならば誰もが普通に考えている”一般概念”的スローガンである。

これについてレベルの低い言い争いをしているので、
何が原因かを覚え書きしておきたいと思った。

とある案件で、全く関係ないところで、
とある営業部長が、
この一般概念を単に英語にしたスローガンを振りかざし、
スタッフを動かして、得意先提案しようとした。

スタッフは、それが得意先のためにならないし、
バカみたいだからダメだといったが、
彼は聞かず、しまいにはスタッフの素行に対してキレた。

こういうやり取りをしていると、
養老孟司のバカの壁を思い出す。

どんな案件に対してもろくすっぽ考えずに、
スローガンを魔法の杖のように振りかざす。
一元論的に処理して、深いところまで考えようとしない。
思想は組織に与えられるものであり、個人の考えを持たない。

しかもその思想というものは、先にも書いたように一般概念であり、
特出したアイデアとか、いい考えとか、そういうたぐいのものでないのがさらに厄介。
(そもそもこの業界に、アイデアとかいい考えについて、貫いた言葉探しは難しいのかも)

結局、きちんと自分の中で咀嚼して消化してないスローガンの実行は、
思想の暴力であり、テロであると思っている。

先の大戦では、我が国は、
大日本共栄圏というグランドコンセプトを敷きつつも、
戦略実行は非常にお粗末なものであり、
神話のみ許される認識の横暴で、
「てんのうばんざい」の言葉のもとで、
何人もの若い命をちらしてしまった。

これと何ら変わらない思想のテロが
現代の民間企業にもはびこっていることが驚きなのである。

魔法の杖は何ら変哲のない、
ガイドラインでしかない。

そこに気が付き、自分たちの得意先をいかに成功させるか、
そこに真摯に向き合ってからこそ、
よい考えというものは出てくるのではなかろうか。

それをしないで、
与えられれた一般概念的スローガンだけで、
戦場に現場を送り出すというのは、
それこそ、失敗の本質であり、
この21世紀にあっても、
人間の思考への怠惰な姿勢が生み出す、
ガンであることは間違いない。