Tuesday, February 28

増補版 なぜ今、私たちは未来をこれほど不安に感じるのか?―――日本人が知らない本当の世界経済の授業 単行本(ソフトカバー) - 松村 嘉浩 (著)

以前買っていた本をついに読んだ。

最近、これからの社会に関する書籍を読み進めているが、
どれもやはり「定常化社会」に対してどう対応していくか、
これからの「幸せ」をどうとらえて、作っていけば良いのかについて、
議論をしている点は、共通している。

今回のこの本は、過去トレーダー?だった金融系の方が書かれており、
マネーアプローチから、今の社会がいかに破綻目前か、
それに対して政府の金融政策はいかに毒であるか、が
書かれていて、非常に面白い。

どうして問題を先送りしているのか、
こういう人がせっかく問題提起しているのに、
なぜ、政府は取り扱わないのか、不思議でならない。

たぶん「既得権益」を守ろうとする連中が、
投票した政府だから、そうなるんだろうけど。

どこかの世代が本気で取り組まないと、
解決しないことなのに・・

考えさせられる。


次は、ちょっと軸足をずらしながら、
「働き方」に関する本をもう少し読んでみようかと考えている。