Monday, January 23

コンビニ人間 - 村田 沙耶香

森見登美彦を読んでいたら、
読後のページでAmazonが激烈におすすめしてきたから、
読んでみた。



さすが芥川賞受賞作品ということもあり、
現代社会をアイロニーに描き出しているところが、
たまらなく面白かった。

人材という商品を
消費する社会のなかに安住を見つける
主人公。

彼女がこの日本にはたくさんいるんだろうなぁって、
複雑な気持ちになる。