Saturday, December 31

V字回復の経営 - 三枝 匡

会社の同僚にすすめられて読んだ。
彼はこの三枝さんが立ち直した会社の担当だったらしく、
内実をよく知っていた。

内容は物語形式で非常に読みやすくて、
やっぱり「ストーリー」っていうのは、
人によく伝えるための、大切な演出なんだということに
あらためて気がついた。

「経営」ってことを真剣に考えたことなかったけど、
現場とは大違いなんだって初めて思った。

普通の会社では、
経営の経験がない、現場社員がえらくなって、
とたんに経営を任されるようになるんだろうけど、
それじゃぁ、なかなか務まるものじゃないって感じた。