Saturday, December 31

V字回復の経営 - 三枝 匡

会社の同僚にすすめられて読んだ。
彼はこの三枝さんが立ち直した会社の担当だったらしく、
内実をよく知っていた。

内容は物語形式で非常に読みやすくて、
やっぱり「ストーリー」っていうのは、
人によく伝えるための、大切な演出なんだということに
あらためて気がついた。

「経営」ってことを真剣に考えたことなかったけど、
現場とは大違いなんだって初めて思った。

普通の会社では、
経営の経験がない、現場社員がえらくなって、
とたんに経営を任されるようになるんだろうけど、
それじゃぁ、なかなか務まるものじゃないって感じた。

Friday, December 30

2016年

今年も、あと残るは、一日とちょっと。
本当に今年は、一年があっという間だった。

年を重ねるごとに、一年が早くなっていく。
今年は左手の甲にシミを見つけ、「これが老化か」と、
年末の忙しさにも関わらず、キーボードを打つ手をしばし休めてしまったのを思い出す。

2016年。
よく遊びもし、よく働きもし、
喜怒哀楽くっきりはっきりしてた一年だったと思う。

仕事の方は、例年の夏と、
あと、今年は年末の駆け込み需要もあって、
(まだまだできる余地はあるものの)
前向きに取り組んだかな、と思っている。

とにかくひとつひとつの仕事を流さず、
真剣に考える努力をして、
広告なんてサービス業なんだから、奉仕精神を持ち続けて、
来年も、健康に頑張ることができればこれ本望と思う。

臆することなく、自分で正しい!と思ったことは
どんどんやっていこう。

***

それにしても、日頃から接点こそ少ないものの、
A専務の言葉を事あるごとに思い出している。

ひとつは
A専務との会食を仕事でドタキャンした時の
「(会食は)いいよ。そのかわりいい仕事をしろ」と、
背中を押してくれたことと、

あと、
勉強会のときの
「間違ってると思ったことは、キチンと言ったほうがいい」
というやつ。

百戦錬磨の強者はやはり
言葉の重みが違うというか・・、

なんでこんなにも心の中が見透かされているのかと
恐怖に近いものも覚える。

Friday, December 23

ワーカホリック

近頃、珍しく忙しくて、
しんどいこともあったけれど、
今、ぱたりと止んでみれば、
ぎゃぁぎゃぁ言いながら仕事してたほうが楽しいというか、
ラクなことに気がついてしまった。

椎名林檎 - 青春の瞬き



最近ヘビロテ。

短い歌詞だが、奥深い、
一番と二番の差でヤられちゃう感じ。

Thursday, December 1

師走・・

あっという間や・・
今年も終わってしまう。