Sunday, April 10

母さんごめん、もう無理だ きょうも傍聴席にいます - 朝日新聞社会部

中日新聞で記者をやってる友人が、
そのまた友人の記者がここで書いてるということで、
おすすめしてた。

正直、超リアルで怖かった。

人間追いつめられるととんでもないことしでかしちまうんだって、
ページをめくりながら、人間観が変わる気分だった。

無縁でいたいが、
確実に存在する世界というものがあるもんだ。

とくに老々介護の苦悩から、実の親を殺めてしまった話、
これはキツかった。

そういえば、最近もまたそういう事件があったと、
ニュースでやってた。

これからさらに高齢化が進む日本のなかで、
社会の目や保証が行き届かない落とし穴に
吸い込まれてく人は増えていくのかもしれない