Thursday, January 14

未来に先回りする思考法 - 佐藤 航陽

未来は、間断なき過去から今のその先にあるという
ことの説明。

歴史を学ばなければなと思った。

研究のことを思い出した。
研究は、過去の人がやってきたことを1%かそれ以下ほんの少しだけ
進めることだって、大学の先生が言っていた。

そのためには、過去を知らないといけないし、
今のニーズを見つめないといけないし。
生半可な知識じゃとてもじゃないけど、
知見を進めることはできない。