Monday, January 25

夢日記 20160125

どこかで欧州風の城の中を逃げ回って、
庭園に出たかと思ったら、
そこにトロッコがあって、
追っ手(?)が迫っていたこともあって、
飛び乗った。

トロッコは順調に走った。
徐々に景色は欧州から、
日本の田園風景風(田舎の秋の感じ)になっている。

斜面を激走しながら、
右に大きくカーブしたかと思ったら、
レールの先は相当な斜面
(ジェットコースターの最初に下るやつを下から見上げる感じ)
になっていた。

この斜面に阻まれ万事休す!?かと思いきや、
なんなくトロッコは登る。

ただし、そこで安心はできなかった。
なんと登りきった一番上に、
車止め風に設備が故障したところ(左側)が、
あってトロッコが激突。

あえなくいまきた道を下ってしまった!

この激突を何回か繰り返しているうちに、
トロッコが見事、
設備を突きやぶって、少し下ったところで止まった。

さすがに修理せねばならんということになって、
局長(!)と部長(!)!!!(いつから乗っててん?!)
と一緒に、トロッコを担いで、
近くの無人と見える人家で修理を始めた。

どのくらいたったろうか、気がつくと、
すぐ下に住んでるという魔女のような老婆がきて、
修理の邪魔をする。

追い払ってもまったく効果なし。

局長が「ここはまかせろ」と、
老婆を優しくたしなめると、彼女は帰って行った。

いつしか時は過ぎ、
局長はトロッコを修理した家に
居を構えたようで、私はそこを訪れる客のような立場になっていた。

老婆とはうまくやってるようだが、
わたしは相変わらず得意でなく、
避けがち。

-------

という夢をみて、目覚ましに起こされた。
5:00。
起きた瞬間、こえええ!!!って気持ちが残ってるくらい
リアルだった今朝の夢( ;  ; )
いま、成田空港に向かう列車の中。
今日からベトナム出張ですわ。

今朝の夢は、昨晩ミヤネの番組で、
近所の迷惑おばちゃんのニュースやってたのがいけないと思う。