Monday, May 11

インターネットが普及したら、ぼくたちが原始人に戻っちゃったわけ - 小林弘人 / 柳瀬博一

雑多で細切れな情報を中心に、
スマホでインスタントに摂取するから、

情報を、文脈化して、再構築して、解説してあげるという
付加価値をつけられる人が求められる。

最強のロールモデルは「池上彰さん」

大企業がふたたび活性化するために必要なことは・・・・「愛だよ、愛!」

などなど、

刺激的な一冊であった。
いろいろなテーマに分かれて対談されているから、
普段抱える業務の種類によって、引っかかるところが
コロコロかわりそう。

また、改めて読んでみることにする。

-------

本は、ある種、自分を映すな。

あ、例えば「紅の豚」なんかも、
自分を映すのかも。

あれって
子供の頃は、「飛行機かっこいい」だし、
大人になってきてからは、「飛行機かっこいい」+「駆け引きすごい」
みたいなとこあるし。

理解できる、できないじゃなくて、
どう解釈するかっていうのが、本と対峙した時には大切。

文字面に条件反射してみたり、スポンジ吸収しちゃったりするんじゃなくて、
なんで、こういうことが書かれているのだろう、
なんで、この順番で書かれているのだろう、
なんで、この言葉遣いなんだろう、

などなど、「Why」めがねをかけて、
背景や文脈を
読んでみよう。

見えないことも大事!