Thursday, February 12

今夜ももう一杯〜酒場と日本人の新たな関係(NHKクローズアップ現代)

今日のNHKクローズアップ現代面白かった!!

「大衆居酒屋」ブームがテーマだったんだけど、
ここぞとばかりに早稲田の社会学の教授、橋本健二先生が解説者だった。

やっぱ早稲田はこういうテーマ強いよなぁ。笑
慶応の先生は研究しなそうだもんな。

今和次郎先生の流れを汲んじゃった!?みたいな教授先生でていらして、
解説されてたわ。

でも意外にも冷静で(←失礼だな)、
「一過性のブームじゃないの?NHKはしゃぎ過ぎじゃないの?
 本当にみんな大衆居酒屋に恒常的にいってんの?そもそも外での飲酒頻度さがってるしw」
的な、コメントしてた。
ごもっとも。

「エンタメ的で観光地的な、消費だよね。
 みなさんが自ら店を開拓し、常連となるかがポイントですね」とも。
ごもっとも。

サードプレイスとしての酒場のあり方を紹介してらして、
良い酒場とは「お店の人やお客さんとあたたかくコミュニケーションとれる店」って
説明されてて、全くそのとおりだよなぁって思った。

第三の空間に浸って、くつろいで家に帰る。
酒場は都市の重要な施設。

サードプレイスを当初から語る、
スターバックスがビールを提供し始めたのも納得だ。

-------

しかしながら、番組と番組に登場する吉田類さんの

「経済的な効率や組織の規律が優先される現代社会。
 人々が大衆居酒屋の”居心地の良さ”に気がついたのではないか。
 だからデフレ時代急成長した格安チェーンが不調。酒は時代を写す鏡だ。」
「闇市から生まれた現代の大衆居酒屋ブームは、何を物語っているのか」

っていう分析・導入の論調は、超絶クールだった!!

TBSの「吉田類の酒場放浪記」って12年目なんだとか。
マニアックなくせに、今では関連書籍・番組DVDがヒットしちゃうとか、
浸透しているらしい。すごい長寿番組やな。

そういや、「深夜食堂」なんかも、
結構シリーズ続いてるし、映画も公開されたし、
やっぱりこういうほのぼのとした酒場が流行ってるんだろうなぁ。

そして、大衆酒場の代表で、
立石特集してたよね。またこりゃお呼ばれしてるわな。
実際立石のある居酒屋は、10年前に比べて来客が倍増しているんだとか。
そりゃすごいわ。

居酒屋の女将さんいわく、
若者がすごくおおくて、かわいいんだって。
ありがたいね!

-------

ちょい飲みブームみたいに、お酒の介在が変わってるっていう分析もされてて、
CISCA(コンビニ)と吉呑みの吉野家も紹介されてた。
コンビニやファストフード店で飲む人12%増だもんなぁ。

そもそもお金ないし、
同僚との絆も大事だけど、自分を取り戻すことの方が必要な現代で、
がっつり時間をかけて飲むのではなく、ちょい飲みくらいが息抜きで調度良い。

「息抜き」ってキーワードだな。
ちょっといっぷく、一息なんだな。

ここで早稲田の橋本先生が
「こうした大衆酒場が注目される背景は、身も蓋もない言い方だが、
 格差が拡大して、使えるお金が限られたというのが一番の原因。
 仕事の戦闘モードをといて、”一人の個人にかえる”ことが求められている
 昔は人間関係の調整、つまり潤滑油としてお酒が飲まれていたが、
 情報とマネーの世界で労働時間が短くならないため、やはり個人に帰することが第一に求められる」
とコメント。

-------

NHK総合クローズアップ現代
今夜ももう一杯〜酒場と日本人の新たな関係
2015年2月12日19:00〜


立石の宇ち多゛ (うちだ)で。
2014年末。