Saturday, January 31

2014年夏休み 四国・九州への旅:鹿児島の愛すべき小さな店②

鹿児島はおいしいコーヒー屋さんが市内に点在している。
しかもどこも思想があるというか、
それそれのこだわりでコーヒーから店内までコーディネートされているので、
いくつか見比べているだけでも相当たのしい。

この日は、鹿児島県庁にほど近い「コーヒーイノベート」まで。
古いビルの1階。RUSHINGなコーヒーくんの看板が目印。



店内は東京ではありえないくらいぜいたくな空間の使い方。
ぽつぽつと客席があって、満席になってもたぶん心地よく過ごせる。
大きな開口からは、県庁の前の道を行き交う人・クルマが見える。


「コーヒーイノベート」の奥に部屋があって、そこはがらん堂。
でも場所に不釣り合いなほど鮮烈な壁紙とシャンデリアがしつらえてある。
ここは催し物スペースで、毎週金曜日には朝市が開かれているようだった。

訪れたのが金曜日だったので、ぽつぽつと朝市の準備の人が来ていた。
朝市では地元の野菜とかあと手作りのお惣菜とか販売しているようで、
ちょっと興味があったけど、時間がなくて商品が並ぶまでお店にいられなかった。残念。



「コーヒーイノベート」のコーヒー哲学!?な標語が飾られたバー。
ここも先に訪れた「コーヒーソルジャー」よろしくシンプルで機能的な印象。


コーヒーのサードウェーブが西海岸から始まって、
それをけん引するのが「ブルーボトルコーヒー」でって、よく言われてるけど、
もしかしたらサードウェーブはとっくに鹿児島で始まってたんじゃないか。
と、思ってしまうほど、ステキな飾り気のないお店。

Some Japanese "trendy" magazines says, the third wave of coffee comes from the west coast of US.
and Blue Bottle Coffee is the pioneer.

But I'm just wondering the wave had been starting from Kagoshima, Japan.
During summer vacation, visited some nice coffee shop.


天文館のモップ犬。



ホテルの1階の床。
桜島の方向に、桜島のアイコン。
鹿児島の人は桜島が中心のGPS搭載なんだ。


天文館は夜の街でもある。


夜な夜な、「リラクラーメン」の2つめの店舗へ。
こちらは天文館にあるビルの地下階。

アイコンがシンプル。
一番大事な外の看板はこの青いどんぶりアイコンだけ!という潔さ!!


中央駅のリラクと同じ血を感じる
さっぱりした内装。


ここでは川越のコエドビールが飲める!
専用のグラスがかわいい。



まずいわけがない。




ラーメンの後はコーヒー!と、地元で愛されるTHE喫茶店的お店へ。
「ライムライト」。これも天文館エリアにある。




一杯一杯ハンドドリップしてくれる。
豆の計量、グラインド、お湯を注ぐところとか一連の作業にムダが
まったくない印象だった。



昔からコーヒー(お茶)する文化が根付いていたから、
サードウェーブ店舗がたくさん生まれてくる土壌は整っていたのかも。

他には、「ヴォアラ」っていう豆の焙煎卸しのお店も、鹿児島〜霧島にかけて、
何店舗かあって、そこは東京のコーヒー屋さんに豆の販売もしているらしい。
良い豆が入ってくるルートも鹿児島にはあったりするのかな・・港があるし。

しかし、Kagoshima coffee waveを今後もウォッチしていかなければと思った!