Tuesday, December 16

夢日記 20141215

ある朝、目覚めて会社に行くと、
某役付き、が朝なのに、もう帰るという。

周りに指摘しても
「彼は仕方ない」
「彼はいいんだ」
と、なぜか擁護する。

わたしは憤りを覚えながらも、
彼を見送る。
仕事をしない背中を。

ふと、振り向きざま、
右の横顔から、くるりと左の横顔になった瞬間、
彼は、なんと政治家の顔になっている。

そう彼は政治家とうちの会社を掛け持ちしていたのだ!

-------と、いうところで目がさめた。

普段から、がははがははと
何してるのだかよくわからない、
彼が、半分政治家として登場するなんて、
なかなかセンスのいいメタファーだと
我ながら夢に感心した。