Friday, November 28

君に友だちはいらない - 瀧本 哲史

チーム論読んだ。
事例も豊富で、面白く読めた。

とくに、黒澤監督の7人のサムライの事例。
黒澤監督は、自分ひとりだけでストーリーを創るんじゃなくて、
自分含めて3人で、会心の作をつけ合わせて、一番イイのを選んだ、というところ。

共創って、そういうこと。
きっと、一番イイのに、2・3番のエッセンスも
入れられたんじゃなかろうか。

垂直統合型ではなくて、
水平横断型の”共創”できる、スピード感のあるチームを作らないことには、
時代のスピードに流されて、負け組になってしまう。