Sunday, June 29

島田裕巳による秋元康論 / Thought about AKB48 by Hiromi Shimada

ヴィレッジブックス発行の
「新・日本人論。」がおもしろかった。
サブタイトル”村上春樹からきゃりーぱみゅぱみゅまでこの国の顔21の論点。”のとおり、
各界の著名人を評論家が語る読み切り21発もの。

宗教学者 島田裕巳による
秋元康とAKB48の項目が面白かったので、以下その一部を引用する。

秋元康の宗教改革
アイドルの世界を「聖」としてとらえ、ファンの世界を「俗」としてとらえるならば、秋元の試みは、聖と俗とが厳格に区別されていた状況を根底から覆す、一種の「宗教改革」なのかもしれない。
日本の宗教で言えば、それは浄土真宗が試みたことである。浄土真宗では、聖であるはずの僧侶と俗人との距離感は極めて近い。ほとんど区別がないとも言える。浄土真宗は、それによって大衆宗教、民衆宗教としての広がりを獲得した(その点について、詳しくは拙著『浄土真宗はなぜ日本人でいちばん多いのか』(幻冬舎新書)を参照していただきたい)。
浄土真宗では、「節談説教」という芸能に近い説教の伝統がある。節談説教の場では、講師が面白い、あるいは泣かせる話を語り、聴衆は、「受け念仏」で応える。「ナンマイダー」と唱えるわけだ。AKB48の公演は、この節談説教の現代版であり、ファンはメンバーのMCに声援で応えるのだ。

実際にご本尊と面会できる特典が付いているかもしれないCDを買うことは、
徳を積むためのお布施なわけですね!
なるほどね。勉強になります。

-------

Read "New Japanese people theories" from Village Books.
Subtitle; 21 pieces of theories of this country, from Haruki Murakami to Carry pamyu-pamyu.

I was interested in one of sentence about Yasushi Akimoto director of AKB48 (Japanese popular idol group)
written by Hiromi Shimada a religious scholar.

Akimoto Yasushi's religious reformation
If I think the idol world "Holy", and its fans world "Ordinary",
Akimoto's challenge seems sort of reformation that turn over "Holy world" and "Ordinary world".
In Japanese religion history, Jodo Shinshu has tried like this reformation. In Jodo Shinshu' world, holy monk and ordinary following people is so close, as on same level. Jodo Shinshu was succeeded to expand its thought to many japanese people in that era.
Jodo Shinshu has habit called "Setsudan Sekkyo (Talking Preaching)" just like entertainment. On this preaching, a story teller show off a funny story or sob story, and audience reacted with "Uke-nenbutsu (Buddhist Prayer)". Like "Nanmaidah".
On AKB48's live performance can considered modern talking preaching, fans reacted with cheer to MC performance of member of AKB48.

Hmmmm.
To buy their CDs that could have right to meet member, is charity to rise up virtue.
I see.

Wednesday, June 11

ブログの記事 / Number of articles

結局、先月は1個しか書けなかった。
今月はもっと書きたいものだ。