Tuesday, December 31

大晦日 / The last day of the year

今日は、久しぶりに埼玉にある実家に帰ってきました。
木造30年の一軒家は、すきまかぜのせいなのか
かなり寒くて、きついです。

寒い寒いいうていても、
50代の両親の共感得られず、
上州からのからっ風に
鍛えられた人の逞しさを感じるのでした。

会社でちょっと溜め込んだ毒を吐いたりして、
大気汚染してしまった。
空気が美味しかったのに、
埼玉の皆さんごめんなさいネ。笑

愚痴っぽいのは良くないので、
どうにか今年中に毒を吐ききらないと、
と、思ったけど、もうスッキリしたから厄が落ちたみたいだ!
よかった。

今年も残すところあと1日。か。
厳密にはあと22時間弱。
今年はあっという間に過ぎていったな。
仕事が忙しかったというのもあるのかもしれない。

前線で、ばんばん機関銃を打たせてもらったから、
度胸と、場数が、増えてよろしい一年でしたわ。

来年は、やっぱり仕事を作ることを目標に、
楽しいプロジェクトをたくさんたさくさん提案して、
そして、芽が出たらいいかな。

あと、ちょっと処世術的なものも
もうちょっと、身につけられたらなと。笑。
がむしゃらに動くのも大事だけど、
やっぱり賢く立ち振る舞うのも、そろそろ必要かな。
そんなこと、面白くないかな。でも別に政治するわけじゃないからいいか。

楽しいことを確実に、ものにして、実現していくための
処世術だと思えばいいか。

物事は捉え方次第。

みなさま、
今年も、大変お世話になりました。
なんだかんだ言うとりますけれども、
こうして社会の構成員として、
みなさんと何かしらの関係を持てて、
それだけでも、実は幸せだったりしています。

話をするだけで幸せ、
名前を呼ばれるだけで幸せ、
笑い合えるだけで幸せ。

本当は。

そんな時間をみんなと共有できて、
かなり幸せ〜。

来年も、みなさんにとって、
幸多き一年となりますよう、
お祈り申し上げております。