Thursday, January 31

中央線がなかったら

またマニアックな感じの本です。
三浦展氏共編というのもなんだか、そそる。

アースダイバーに続く、
地形ファンのための本かと。


二郎は鮨の夢を見る

アメリカ人が見た、日本の職人の芸術と生き様。

二郎は鮨の夢を見る
JIRO DREAMS OF SUSHI

Saturday, January 19

こういう詩があった

名前は、願い。
食事は、祈り。
生きることは、変化を受け容れること。

真のよろこびは、共有すること。

-------

Naming is wishing.
Eating is praying.
To live with accepting changing.

Happiness only real when shared.

Monday, January 14

SNS

道具として活用しているうちはいいが、
目的として依存してしまったら、
つらい。

Wednesday, January 2

Ingenuity of expression

同じことを伝えるにしても、
表現が異なれば、興味換気の度合いもちがって、
ふりむいてくれる人の数も違う。

画像はツイッターが発表した元日の
「あけおめ」ツイートの数。

Expression draws people in,
and it keep away, too.

Following is mass of tweets of "Happy new year"
around the world.


ジョブズ

私にとってマーケティングとは価値の話だ。
この世界はとても複雑で雑音も多い。
人々に我々のことをちゃんと覚えてもらう機会も簡単には得られない。

どの会社もそうだ。
だから、我々の何を知ってほしいかを明確にしておく必要がある。

(中略)

マーケティングの歴史における最良の例にして、もっとも偉大な作品の一つはナイキだ。
ナイキはコモディティを売っている。靴だ。
だが、人々がナイキについて考えるとき、ただの靴のメーカーとは思ってないはずだ。
彼らは宣伝で価格について語ったことがない。
自社のエアソールが、どうだとか。
リーボックと比べてどこが優れているとかは話さない。

ではナイキは 広告で何をしているのだろう?
偉大なアスリートをたたえ、偉大なスポーツをたたえているのだ。
それがナイキであり、ナイキはそのためにあるのだ。

スティーブジョブス

2013 Happy New Year!!

あけましておめでとうございます。
今年もどうぞヨロシクおねがいしまーす★

社会人5年目。
実験始動するタイミングと思う。

今年も、みんなといっしょに、
ステキな1年にしたいです。

いろんな新しいこと、楽しいことに
チャレンジして、再来年以降の礎にしよう。

Happy New Year!
I want to make this 2013 happy year with you all.

Let us challenge many something new and fun.
and make its the base for the future!