Wednesday, December 5

FRUIT-GATHERINGから

不屈の精神で、はじめてりんごの無農薬栽培に成功した
木村秋則さんの本の裏表紙に書いてあったタゴールの言葉。

自ら命を断つことを覚悟しながらも、
りんごにかけた情熱を表現していると思う。

この時出会ったタゴールの言葉が好きで、
この精神をしばしば思い出せるようにこのブログでは、
定期的に掲載している。

しなやかに生きる人が増えますよう。

危険から守り給えと祈るのではなく、
危険と勇敢に立ち向かえますように。

痛みが鎮まることを乞うのではなく、
痛みに打ち克つ心を乞えますように。

人生という戦場で味方をさがすのではなく、
自分自身の力を見いだせますように。

不安と恐れの下で救済を切望するのではなく、
自由を勝ち取るために耐える心を願えますように。

成功のなかにのみあなたの恵みを感じるような
卑怯者ではなく、失意のときにこそ、
あなたの御手に握られていることに気づけますように。

—ラビンドラナート・タゴール『果物採集』



Let me not pray to be sheltered from dangers
but to be fearless in facing them.

Let me not beg for the stilling of my pain
but for the heart to conquer it.

Let me not look for allies in life's battlefield
but to my own strength.

Let me not crave in anxious fear to be saved
but hope for the patience to win my freedom.

Grant me that I may not be a coward,
feeling your mercy in my success alone;
bur let me find the grasp of your hand in my failure.

--excerpted from Rabindranath Tagore, "FRUIT-GATHERING"