Friday, November 30

時代はかわった

進学とか就職とかで目がくらんで、
若者は本質的なこと見えないことが多いのではないかな、
と、最近思う。

時代が変わって、
学歴がいいからって、幸せになれるとは限らないし、
いい会社に入ったからって、幸せになれるとは限らない。

そうした高度成長時代の神話を語って育った親世代と
定常時代を迎えた今、成長する子ども世代とで、
見えないギャップが生まれている。

何が違うかというと、幸せの尺度で、
この違いを見誤ると、矛盾に苦しみ、
こころを病んだり、ひきこもったりしてしまうのだと思う。

社会の仕組みが変わるのは、ゆったりとした流れ。
いまだに高度成長時代の仕組みがはびこる。
その仕組みを通して将来を見ても、明るい未来なんて、ろ過されてしまう。

当時は、不純物だから。
自由な生き方とか、社会制度に乗らない生き方とか。

-------

では、今、大事なことはどうやったら見つけられるか。

そんな時、思うのは、
「生きる」という根源的なことをしっかり見つめることが
実は大事なんじゃないか、ということ。

元来、人は生きていた。
木の実を採ったり、ケモノを狩ったりして生きていた。
その日の食べ物を得るために、文字通り必死に働いていた。

今は、モノ余りの時代だし、太古から価値観も進んでしまったから、
この、根源的な「生きるために食べる」 ことが見えづらくなっている。
ヘタしたら、一生気づかない人もいるかも知れない。

下の図を見て欲しい、
さっき新しく入手したフリーソフトで作ったマインドマップ。
これからしたら、働くことなんて、数ある選択肢の中のひとつだし、
ましてや何をしていくかなんて、さらに枝葉。

生きるために、働くことを選んでいる感がない中で、
真剣になろうとしたって、それは困難なこと。
優秀な大学、優良な企業、どれも浮ついてしまう。

”優秀な”子は、これを当たり前に順応していく子。
でも、本当にそうなのか。
そもそも優秀ってなんだ。
みんながまったく同じ方向を向いて、
自然破壊、公害、自殺、数々の問題に蓋して邁進してきたときの
価値観でものごとを見てはならない。

-------

ぼくは、こういう風に持てる範囲で広い視野をもって、
世の中や自分の時間と向き合って行きたいと考えている。

今、悩んで、考えて、それでも、もがき続けている、数多くの友人たちへ。
本当に幸せなことを見つけることは、
もしかしたらとても時間がかかることかもしれませんが、
ひとつの矛盾にも目を逸らさずに、正面から立ち向かおうとしている
それを、ぼくは知っているつもりです。



会田誠語録

書き忘れてたけど、
会田誠展で、壁面の彼の芸術家としてのポリシーが書いてあった。

覚えているのだけ。

★先人を手本にするな。
★二度と同じものを作るな。
★海外からの客は迎えろ、でも自分が海外にいって客になるな。
★評判に媚びへつらうな
 (有名なキュレーターだの、評論家を覚えるな、
 「おたくどちら」と言え。なんなら殴れ)
★大恋愛しろ。

笑。

日本溶解論―三浦展

これは…。
同期のHくんが入社当初おすすめしていたやつだ。
かれこれ3年前…早く読まないとだ。

Thursday, November 29

会田誠@六本木ヒルズ森美術館

会田誠、恐るべしだな。
芸術していた。

芸術って、見えないものを見られるように加工すること
も、一側面あると思う。
まさに、それを会田氏の作品に感じた。
社会の見え隠れするような現象とか風習とか
そんなのをあらゆるフォーマットで見せてくれた。

社会学芸術家といったところだろうか。

-------

しかし、社会学芸術家って陳腐な言葉だ。

分かると分けるはイコールで、
だから、例えば、会田氏を形容する時、
芸術家かそうでないのか、中でもどんな特徴があるのか、
社会派なのか、自然派なのか、なんてどんどん分類しないと、
なかなか人には伝わらない。

言葉を介することによって、
人は伝達ができるかもしれないけれど、
でもそれって、オリジナルの情報の翻訳だから、
漏れとか抜け、がたくさんある。

それを表した慣用句が、
「一見は百聞に如かず」か。

誰かの言葉に翻訳された情報よりも、
自分の体験と。

-------

でも言葉を否定するわけではなく、
当然言葉がなければ、思考も、体験も、伝達できず、
人はこれまで進歩できたかわからない。

言葉があるからこそ、代々、
生きる知恵が濃厚に受け継がれるんだ。


聶記(セッキ)。
―耳から耳へ、語り継がれた物語。


それは、教訓のメタファーを秘めて、
代から代へとバトンされる。
「生きろ、生きてくれ。幸せに生きてくれ。私たちがそうであったように。」って。
先人の声に耳を傾ける機会が欲しい。

Disney Paris

かわいい。

Yi Peng

タイのチェンマイにあるお祭り「イーペン・サンサーイ」。
熱気球を空にいっせいに放す光景は、言葉にならないほど幻想的。

日本の灯篭流しに似ている。
でも、灯篭流しは霊へのコンタクトを目的とするのに対して、
こちらは、1年間で自分にたまった穢れ(けがれ)を放つのだとか。

まさに、心のデトックス。
本当に穢れがはなたれるのか、どうか別にしても、
この光景を目前に見たら、それはデトックスにもなるだろう。


Tuesday, November 27

幸せの根源

幸せとは、共有すること。
ひとりも幸せだけど、ふたりのそれには到底及ばないのでは?
ひとりじゃないことって、大事にしたいもの。

Happiness is make bond with someone.
Off course, you make happy yourself,
but with someone is more than just yourself.

バックミンスター・フラー「宇宙船地球号」

ようやくバックミンスター・フラーの
宇宙船地球号を読みだした。
これは学生のうちに読んでおけばよかった。

社会の成り立ちについて、多方面から分析がされていて、面白い。
この人、建築家じゃなくて、ジェネラリスト。
レオナルド・ダ・ビンチのよう。

以下、気になった文言を引用。

あまりにもしばしば気づきもせず、自分たちのなかから湧き出てくる独創性を幼い頃からつぶしてきたから、私たちは、習慣的に、自分たちの可能性について、あえて肯定的に考えることができなくなっている。自分の偏狭な近視眼的専門分野だけに終始して、私たちに共通したジレンマの解決なんか他人にまかせ、もっぱら政治家にまかせたほうが社会的にも簡単だと考えだす。 
------- 
人間の根源的な衝動のひとつは、理解し、理解されることだ。ほかのすべての生物は、きわめて専門分化した働きに向くようにデザインされている。人間は、自分たちが生きるこのローカル宇宙の出来事の、包括的な理解者、調整者として、ユニークに見える。もしも自然全体の枠組みのなかで、人間が専門家(スペシャリスト)であることを求められているのなら、自然は目ひとつ、それに顕微鏡でもくっつけて、人間を作ったにちがいない。 
-------
人類は知識をじゃまする、  
------- 
超物質的(メタフィジカル)な知性としてのアインシュタインが、物質宇宙の方程式、E=MC^2を書いてそれを理解したとき、エイブラハム・リンカーンの「権威は腕力に勝つ」という考えが実現された。つまり、超物質的なものが物質的なものを計量し、支配したのだ。

まだ前半読んだだけ。
後半戦が楽しみ。

原研哉と無印良品


無印良品の考え方に共鳴することがあって、
なぜだろうと考えて、ウェブをサーフィンしていたら、
いい記事を貼っているブログを発見。

よくよく見てみると、会社の先輩の記事だった。
こんなこともあるものか。
この先輩、ちょっと気になる。

というのも、ものごとを俯瞰して見ている。と思う。
でもちょっと不器用だから、みんなそのことを知らない。
知らない。

以下は、先輩の貼っていたリンクからの転載。
原研哉の無印良品に対する考え。

無印良品というのは、西洋から来た「シンプル」とは違う。
「エンプティ」なんです。
シンプルとエンプティの違いというものが、
世に出ている多くの製品と無印良品の違いなんです。 
つまり、無印良品は、
あらゆるファンクションを全部受けとめられることを、
どこかではっきりと意識している。
そこに品質を求めているというのが、おもしろいところだと思います。
何のために、どういうふうに使うかなんて、答えを明示しない。 
お客さんが自分の生活の中で、好きなように使えばいい。
それを玄関に置こうが、押入の中に入れようが、
見えるところで使おうが、見えないところで使おうがかまわない。
そういう「自在性」があるということです。 
(中略) 
OSというのはオペレーション・システムのことですが、
無印良品は、人の生活をつくっていくための「生活OSにならなきゃならない。家を供給するのではなくて、タオルを供給するのでもなくて、
暮らしの知恵を総合的に供給するような、暮らしのシンクタンクのような存在です。

まさに、OSというコンセプトがしっくりくる。
OSだからこそシンプルで、
人が個性をアレンジできるデザインで無くてはならないんだ。

人が主役の製品たち。
そこが気持ちよく感じるところ。

Friday, November 23

さしあたりジャック・アタリ

ジャック・アタリ、
「いま、目の前で起きていることの意味について―行動する33の知性」
を読む。

これから読む。

Thursday, November 22

スケッチ

建築の課題で階段のスケッチってあった。
学科入って、初めの課題。
それが階段のスケッチ。

ルーティーン

厳しい単純作業との戦いだった。
なぜこんなにも苦痛なのか。

Monday, November 19

From Tumblr "etc."

“人と関わるときに、小さな嘘を問いただすことが本当に必要なことだろうか? お金を使うときに、形に残らなくても資産と感じられる選択をしているだろうか? そんなふうに自分が大切だと思うことを考えて、見つけていくと 頑張りたいこと、手を抜いてもいいことがわかって 自分にも他人にも仕事にも、必要な余裕をちゃんと持って関わっていけるような気がしました。 それがまさにスローライフということ?”
— Amazon.co.jp: 今日もていねいに。: 松浦 弥太郎: 本

Repost from Tumblr "etc."
my favorite curator.

Perspective

夢や視野や視点で繋がれる
ことって、やっぱり豊かなことだと思う。

Thinking about make bonds with someone,
through dream or perspective.
It is really happily thing.

Sunday, November 18

It seems like a revolution

The revolution of thought.

Read Kyohei Sakaguchi's new book.
He suppose that living is more easy,
if you don't be forced by your stereotype.

Money, is it really needed?
House, is it really payed so much?
State, is it really owned?

If you have much wider and deeper perspective,
you must be free.

Wednesday, November 14

忘備録

この間いってきた!
忘れないようにセットリストをくっつけておこう。

「安藤裕子 秋の大演奏会」
2012年11月9日 NHKホール セットリスト

01. "I"novel.
02. パラレル
03. 水色の調べ
04. TEXAS
05. さみしがり屋の言葉達
06. 黒い車
07. エルロイ
08. Lost child,
09. サリー
10. 蒔かれた種について
11. 六月十三日、強い雨。
12. 隣人に光が差すとき
13. 輝かしき日々
14. 鬼
15. The Still Steel Down
16. 海原の月
17. 聖者の行進
<アンコール>
18. 林檎殺人事件
19. ぼくらが旅に出る理由

Tuesday, November 13

マネークライシス笑

年末に向けて極めて厳しい財政難に突入した。
厳密には12/10から突入する。
公的資金注入の切符は既に秋口に使ってしまった。
もう、後がない感じ。笑

この財政危機をどう乗り越えるかが、
2013年の明暗を握っている。

というわけで、先日のカンブリア宮殿に出ていた
建築リノベーション集団ブルースタジオ取締役の
コトバを思い出してみる。

”「住みこなす」ことで、
 安下宿も無限の可能性を魅せる。”

なるほ。
これはあるかもしれない。
住むと生活とは似ていて。
生活も、「生きこなす」ことが大事なのかもしれない。

ところで、いまさっき会社で、ベンダーをつかわないで、
給湯室でお茶をいれてみた。
なんだか、ちょっと工夫してるみたいで、楽しい。

こういう感覚なのかな。
お金さえあれば、なんでも解決してしまいがちな
世の中に生きている。
モノがあふれて、ひもじい思いも、貧しい思いも
することの方がむずかしい。

知恵を使わなくては。
2013年を迎えられない。

そんな年末に向けての急勾配を臨む
手がつけられない給料日まで2週間の今。

Sunday, November 11

Parallel

人は「役割」をまっとうするために生きているんだと思う。
そう、思わされる。

組織の中の役割。
組織の色なんかが、役割をもっと濃くしていく。
(組織は、社会も会社も家族も、人が集まるのは全部そう)

そうした役割が、人をつくっていくんだ。

お金持ち・貧乏、
都心居住者・地方居住者
それこそ、年代
なんてのも組織なのかもしれない。

組織がちがうと、言語がちょっとずつ異なる。
これは、母国語VS外国語ほどの違いがないからやっかい。

言語というのは、思考するためのツール。
言語が異なれば、それは共通認識を持つのは難しい。

何を言っているかというと、
例えば、「残業」という言葉をとってみても、
そこからの連想、つまりコンテキストがだいぶ異なるということ。

ある企業のコンテキストでは、
「仕事熱心な人」かもしれないし、
また、ある企業では、
「仕事ができない人」かもしれないし、
そういうこと。

この違い。
残念でもなんでもない。
それは、選択する人の意思。

パラレルパラレル。
交わらない。
パラレルパラレル。
付かず離れず
パラレルパラレル。

 

Monday, November 5

虫歯

歯も骨も丈夫!
歯周病も心配なし!
ハミガキもちゃんとできてる!

と、褒めちぎられてからの、
むしば4こあります。がっくり報告。

なんで、むしばって、
虫歯っていうの??

関係ないけど、
この代々木上原の歯医者さん、
弊社とのお取引が昔あったとのこと。
縁もあるもんだねぇ。
またお仕事待ってます、
いうたら、わらってた。

Thursday, November 1

STORY

モノ<ストーリー

ストーリーを意識して書くこと。