Sunday, July 22

やる気について

やる気というのは、がんばって出すものでなく、
行動に伴うものだって、ネットで読んだ。
だからとにかくいろいろやってみればいいって。
眠かったり、しんどかったり、だらだらしたかったりするときでも、
とにかくやってみると、おまけでやる気がついてくると。

なるほど。
むりくり出すものではないのか。

-------

この間、自転車乗ってる時、ちょっと悟った。

ぼくの横を超高速でいくイケメン自転車。
なんと彼、赤信号を無視。びゅんびゅんいく。

ぼくはとにかくマイペースにちんたらこちんたらこしてたけど、
次の大通りの信号で彼に追いついた。
彼は信号無視までして一生懸命こいでたけど、
結局おんなじスピード。残念。

ここで、彼の心情(インサイト)を読み解くと、
たぶん「信号無視までしてがんばってんだ!何をしてでも早く速く走る」
というところかと。
信号無視をした自分を正当化するためにがんばらなければいけなくなる。

これはちょっとすると恐ろしいこと。
もしかしたら信号無視を繰り返さないと行けないし、
とにかくがむしゃらにこがないといけなくなる。
そんなでヘタしたら事故を起こしてしまうかも。

人間は誰しも、自分の言動を正当化したいもの。

-------

タモリの言葉を思い出すな。
「やる気のあるやつは去れ」
これは、近いのかもしれないな。

やる気は、原動力じゃなくて、副産物なんだよな。たぶん。

あしたも適当にがんばるようにしよっと。