Saturday, June 16

アヒルストア / AHIRU STORE

またもや富ヶ谷近辺ですばらしい店を発見してしまった。
そこはアヒルストアっていうワインバーで、
世界中のワインを数多く取り揃えている。

I found another very nice bar in Tomigaya.
It is a wine bar called "AHIRU STORE" which
reserve wines from word wide.



開店18°00、でもすぐにお客さんでいっぱいになる。
長いカウンターと小さなテーブルが3つ。
10人も入ってしまえば、きつきつのアットホームなお店。

AHIRU opens 18°00 as soon as filled up many guests.
Long bar counter and small 3 tables.
10 and few guests can feel "at-home".


一段下がったカウンターの奥では、
「オーガニックっていう単語とボーダーシャツがよく似合う、
自然派おにいさん、おねえさんが働いている。

"Natural" bartenders who match word "Organic" and border colored shirt
are working in under counter.

ワインにはネームタグがついていて、特徴が一目瞭然。
ユニークなのは、お店の人の一言コピーが付いていること。
しかもこのコピー、ちょっと癖があるところがイイ。
ぼくは、「若き日の安藤忠雄」ってのが気に入りました。
お店の人に聞いたら、「なんかこう、ドライで、渋くって、でも深い味なんです」。
おお。

All wine bottles have a card which is written its personality
It has also bartenders impressions with one sentence.
I like this because of its taste, like "Tadao Ando in young days".
Bartender told me "I felt such a dry and bitter however deep taste from this bottle."
Wow!!!



これだけで驚いてはいけない。
アヒルストアの食事がまた絶品。
自家製ソーセージ&自家製パン、タコとアボカドのサラダ、そしてピクルス。
どれも香りが個性的で、お酒の味わいを引き立ててくれる。

AHIRU's best is not only wines also its dishes.
"Homemade Sausage & Bucket", "Octopus and Avocado Salad" and "pickles".
Flavorful every dishes make wines much tasty.




これは通っちゃうなー。
なんか、グルメブログになってきてるな。最近…。
まあいいか。

I'm already addict of this store.
Oh, this blog isn't for gourmet...


Photos are taken with iPhone.

Sunday, June 10

ArmS (@Near Yoyogi Park) and more

代々木公園から道を挟んですぐのところに、
アームズっていうハンバーガーやさんがある。
結構有名?そうそうこの間、
TBSのチューボーですよ!に出た。(出てしまった)

店内はアメリカンオールドファッション。


Detail

-------

アメリカといえば、
今日くだらなく面白い映画みた。
ハングオーバー!Hangover.
二日酔いって意味のこの映画、
予想だにしない面白さ。

結婚を前に親友連れ立ってベガスに
ハメをはずす最後の夜を楽しみに来た彼ら、
でも朝、超高級ホテルで目覚めてみると、
そこはぐちゃぐちゃ!
ニワトリは歩いてるは、トラがトイレにいるは。
彼らは全く記憶がない。
しかも、大事な新郎がどこにも見当たらない。




ヒゲのザック・ガリフィアナキス、
デュー・デートにも出てたけど、
めちゃめちゃいい味出すよな。
日本人でいったら、…
だれだろう!?

Saturday, June 9

まちづくり

建築時代からの友人Yの誘いで、
九州福岡の上毛町(こうげまち)まで。
まちづくりイベント「ほたる観賞と農村民泊と田舎あそび」に
参加してきました。@6/2(土)〜3日(日)

Yは上毛町の振興を目的とする組織、
上毛町ファンクラブを主催しています。

当日は天候に恵まれ、
6月上旬にしては暑いくらい!
やっぱり九州の日差しは関東のとは違うなと
体感をもって知りました。

Yは学生時代からこの町を訪れ、
まちのひとと協力しながら、
まちおこしの施策を実行していました。

ぼくはまちづくりってなんなのかよく知らなかった。
だから彼が一体何にそんなに夢中になっているのか、
わからなかった。

今回参加したのは、そんな疑問を、
体験して解決すること。

-------

まちづくり、それは商品のブランディングと全く異なるものでした。
ぼくは日頃、広告の仕事に従事しているから、
ついついその商品(街)の一番良くて競合(その他の街)に負けないところ、
を探し、知らない人にアピールしていこうと考えてしまう。

でも、まちづくりはそんなんじゃない。

目的がそもそもちがう。
まちづくりとは、まちの人が自分たちで、
「縁」を育み、暮らしよい環境を作っていくこと。
そういうことだって、よくわかりました。

だから、競合なんて意識しなくていいし、
ましてや外のひとばかりを見る必要もない。
縁を感じる人の中で丁寧に育んでいけば良いもの。

元来、街っていうのは、作るものでも強めるものでなかったはず。
自然とできた縁のようなものだったはず。
それを思い描けば、理解に苦しむことはなく、
ブランディングとの違いも自明なことでした。

-------

もし、街をもっともっと興していきたければ、
住民の縁を強くすればいいし、
外の人にも縁を感じてもらえばいい。
そういう施策が必要になってくるはず。

でもこういう意識って当たり前だけど、
共有されていないことが多い。
明文化して、みんなで気持ちを統一することが、
まちづくりに際して重要かなと思いました。
ブランドブックを作るみたいに。
街の性格やこれからの物語を共有すること。

-------

Yはすっかり街に溶け込んでいました。
地元の人に信頼されていて、
彼の名前を知らない人はいないのではないかというくらい!
素晴らしいことだ。

ぼくもこれからは、小さな縁を感じるこの街の
援助が少しでも出来ればいいなと、感じています。

Thursday, June 7

iPad買った

この間の土日を使って、
建築時代からの友人Y氏が手がける
まちづくりイベントに参加してきた。

By the way,
I get part in the town activation event
produced by my friend Y who is a classmate university-hood.

学びが多かった。
まちづくりとは何なのか。
何のためにあるのか。
ブランディングと同じなのか、違うのか。
など。

I was able to get new perspective.
What town activation is.
What town activation stands for.
Where different from branding.
and so on.

Friday, June 1

Awaglass


こんなの見つけてきた。
ずっとみていられる不思議。
息をのむほどの美しさ。
永遠に美しいものなんて、
あったのね。
それが時間なのか。

-------

Take a look the video.
It is able to look so long time.
Breath taking beauty.
Is there forever beauty, isn't it?
It stands for "TIME".
(Awaglass means Bubble-glass.)