Monday, January 16

早稲田の光代ちゃん


角田光代、再燃。
新著「くまちゃん」(新潮文庫)いいぞ。
これは寝不足になりそうだ!

短編が詰まってるんだけど、
1話で女の子をフッた男の子が2話で別の女の子にフラれ、
そして3話では2話でフッた女の子が、また別の男にフラれ。
こういうふうに数珠つなぎの振り振られ小説。

数珠つなぎって、今言うのか…。

とにかくひとつひとつの物語の完成度が高くて、
いっこいっこにため息を付いてしまうほど。
あと、なんだか人の心をのぞきみているような
背徳感が楽しい。

1話でフッた男の子が、2話では別の一面を見せたりして、
みんなこうやってぐるぐるつながって考えて、悩んで、
笑ったり、泣いたりしているのかとはっとさせられる。