Wednesday, September 28

Thai 2011 Photo

picasaに全部写真あげたからこれもチェックしてみてね!
また行きたいなー、旅行。
帰ってきてからも、なんだか効能があるんだよね。
なんかちっぽけさを確認してからだと、
何でもできるような気がするものだ。

I updated the all of photo @ Thailand.
Check up these!!
Maybe, you want to go to Thai.

Picasa Web Album -- Thai 2011

*Powerful Thai -- 番外編

あるメークローン市場の日常。

遠く、汽笛。
メークローン市場に毎度のことながら鉄道が差し掛かっています。

今日はもう目標売上に届いたし、店じまいするか。
そうしよう。


と、幌をたたみ始めるお父さん。


お母さんも手伝って、
器用にくるくると巻いていきます。


こんな風に天井に収納されます。


雨が入らないように、固く結んでおきます。


お母さんは帳簿をつけて、
お父さんはお小遣いをもらいます。


にんまり。

*子どもはうろちょろとしていて、
 ファインダーに入ってくれませんでした。
 他のお店のおばさんがかまっていました。
 みんなで子どもを育てているみたいで、なんだか微笑ましい風景でした。

*Powerful Thai -- Day 5

Day 5 -- Bangkok City

今日は最終日。
23°50のフライトで日本へ。
それまでバンコク市街でゆったりすごしました。
おみやげ探したり、あとは屋台食べたり。


バーツも底が見え始めました。
旅も果てが見え始めました。


南国の花は色鮮やかです。

タイ旅行もとても色鮮やかでした。
また行きたい。
タイ、こんなにもパワフルでカラフルでエキゾチックだったか!
でもどことなく懐かしい。同じルーツを感じてしまうそんな国です。

Tuesday, September 27

*Powerful Thai -- Day 4

Day 4 -- Mae Klong & Amphawa

4日目はバンコクから南へ。
独特な市場を見に行きます。
ひとつは鉄道のメークローン市場。もうひとつはアンパワー水上マーケット。
バンコクからちっちゃいバス(ワンボックス)で1時間ちょっとでメークローン。
そこからソンテオっていう荷台にのるバスで20分でアンパワー。


メークローン駅の少し先は川。
雲が反射してとてもきれいでした。


市場の真ん中を線路がずばっと!抜けています。
奥はメークローン駅。終着です。


線路に品物がはみ出してる…。
廃線でしょう。って思われるでしょう。


しかしね。この市場には秘密が。
お店の幌が長い線路の上に長い屋根を作っています。


メークローンは海に近い港町。
とても活気があります。


足踏み式ミシンで仕事中。
がいがりと仕事早そうだった。
集中するときはする。
それがタイクオリティ。


でも疲れたら寝る。だって暑いから。
それもタイクオリティ。
マイペンライ!(気にしない)


サンダルおじさん発見。
間違っておじさんのサンダル買っちゃいそうじゃんよ。
でもきれいだね。


線路ぎりぎりまで陳列されています。
りんご。おいしそう。フルーツ天国タイです。


市場のはずれ。
傘はぼろいけど、お供えは新しかった(美味しそう)です。
だれか毎日供えているんだ。


さて、市場が何やら賑やかになってきましたよ。
あれ…幌がたたまれました?


と思ったらゴゴゴ。


ゴゴゴ。


ゴゴゴ。


はい。元通り。
毎日これの繰り返し。
しかし、列車スピード落とさなかったな。
タイクオリティとしか言い用がない。
ホント、ひかれるかと思った!!
マイペンライ!(気にしない)


メークローンから足を伸ばして、アンパワーへ。
でも水上マーケットはおやすみでした。
もしかしたら午前中までなのかな。
お腹が減ったので町の食堂に入ります。


シンハーとごはんと、あと鶏肉のココナツスープ。


タイ米。
ほのかに香ばしく甘く香っておいしいんです。


これがアンパワーおばさんのココナツスープ。
とっても美味しかった!!本当に美味しかった!
食事で涙するとは思わなかった。
タイの人はこんなに美味しいもの、毎日食べてるんかな。


日が傾いてきた。
アンパワーの橋の上で。
バンコクに戻りましょう。


帰りのバスも爆睡…無防備すぎかな。
バンコクではもう夜の屋台が元気な時間に。
あかりがテントを通して美しいです。


屋台のあかりを見るとなんだかほっとする。
"ウチ"を感じるからかな。
バンコクは、どこも"ウチ"です。

*Powerful Thai -- Day 3

Day 3 -- Bangkok City

3日目はバンコク市街を歩きました。
チャオプラヤー川を上ったり、王宮を見たり、
おいしいもの食べたり、至福!

よく日焼けした身体からは、
パクチーと唐辛子とシンハーの香りが…。
現地化の最終段階に。


そして3日目も寝ている犬から始まる…。
きみ、首輪ついてるね。家でねれ!


市場へ。いろいろごちゃごちゃ。
足元をみるとカラフルなおけ。


朝ごはんはパイナップル半身にしました。
20B(50円)やすし!セイユーもびっくり。
ほんとうにいろいろおいしいのに安い。


市場の入口で。
タイ語は独自文字を持ちます。読めません。
自国の文字で自国の憲法を書ける国は稀だとか。


昼ごはんは屋台へ。
テーブルには4種類の調味料がセットしてあって、
自己流に味付けを調整できます。
甘み・塩み・辛み・酸味。
ぼくはなんでも酸っぱくして食べてました。
これがまた食欲をそそっておいしくなるんだわ!
屋台最高!


巨大黄金涅槃像のお寺へ。
お寺にも猫がいます。
近づいても基本は無視です。
それがタイクオリティ。
マイペンライ!(気にしない)


色のコントラストが美しい。
観光地なのにひとけまばらな寺院を僧侶が行きます。


祈る人。
背筋が伸びる。


今日もよく晴れました。さらに日焼け!
仏教建築は屋根が美しいですね。
端っこのにょろは鳥をイメージしているらしいです。


Zzzz...


王宮の隣にある寺院で。
ここではなぜか女性(それもみんなおばちゃん)が、
集団でお経をあげていました。


お寺にあった花。
美しいです。ジャスミン…かな。


王宮を抜けて旧市街へ。
オールドバンコクはバンコクの中心地にあるのに、交通がまばらでとても静か。
車の下を覗いたら猫がみんなで昼寝中。


この人もきっと昼寝中。
みんな昼寝!暑いから。
でもいいの。それがタイクオリティ。
マイペンライ!(気にしない)


ストローもカラフルできれい。
どの色がもらえるかはお楽しみ。


おやつに屋台。
これはクリアスープwithシーフード&ライス。
(タイ語のメニューはどうも覚えられん)
もちろん、シンハーと一緒に食べました!


タイはエビの一大輸出国。
タイ湾には巨大なエビの養殖場があります。
新鮮だからか、本当においしい。
えびみそ(?)まで残さず食べる。


ここはかの有名なカオサン通りにある古い洋館。
…を改装したスターバックス。
シャンデリアや天井、家具の装飾がとても美しかった。
タイではスターバックスはとても高級(屋台一食分+ビール)なため、
人はまばらでした。


下町にふらふらと言ってみると猫天国。
話しかけたら、のそのそ逃げられた。


これは逃げない。
黒いな。


市庁舎。
現代建築でした。