Sunday, January 16

伊豆の踊子

川端康成著「伊豆の踊子」
大正期。
孤独な青年の旅と、道中の淡い恋心を描く。

現代のように手軽に連絡できる環境がない時代。
一期一会がもっと身近だったのでしょう。
だからこそ、人と人の距離感って、
今よりもずっと近かったんじゃないかな。
出会えた奇跡を大切にするために。