Sunday, January 16

河にゆく





昔から河に惹かれる。

区画された都市の中であっても、
太古からの曲線で威風堂々とながれ行く。

あーあ、自然はでかいなあ。と、妙に心が落ち着く。

髪を切る

髪を切りに上尾まで。
かれこれ10年来の付き合いの美容師さんである。

腕も確か(だと思う)が、
それだけでなくて話が面白いものだから、
上尾を離れても通ってしまう。

お正月フォト

写真を整理していたら、
年末から年始にかけて撮った写真たちがでてきました。

大晦日、北上尾で小学校からの友人と飲みました。
駅から待ち合わせのそばやへ向かう途中で一枚。



紺碧の空に白い壁面。
影をたたえた窓辺に、隣の民家の影が流れ込みそうです。
2010年の暮れ。



場所性という言葉を建築で学びました。
その場所場所が持つ、力のようなもの。
人やものを引きつけます。
この風景に、ぼくは場所性を感じました。
オブジェクトがそれぞれの役割を果たしている。
孤立せず、でも深く関係すること無く、絶妙な距離感を保って、
ひとつの風景を構築している。

そんな感じ。
カメラを片手にきょろきょろとすると、
普段は目に留まらなかったものに注目できる。

----

さて、話はもどって、友人とのんだ話に。
1件目は、彼いきつけのそばや。
むかし、そこでアルバイトしていたそうな。
60近いおじ(い)さんマスターがいい味出していました。
そばも雰囲気も。
ラガーと日本酒をしこたまあける。

「そばやで飲むなんて、オトナになったもんだな」
と、冗談を言い合いながら、2件目のスナックへ。

未成年の頃、闊歩した上尾。
当時は興味も無かった赤提灯とか、パブとかスナックとか。
そんなお店で、飲んでいることがなんだか不思議で、
ちょっと恥ずかしく、嬉しい気持ちでもありました。

しかしよう飲んだ。
16°00→1°00くらいまで。
路上で年越したしな。
ありがとう。ありがとう。
また飲もう。

伊豆の踊子

川端康成著「伊豆の踊子」
大正期。
孤独な青年の旅と、道中の淡い恋心を描く。

現代のように手軽に連絡できる環境がない時代。
一期一会がもっと身近だったのでしょう。
だからこそ、人と人の距離感って、
今よりもずっと近かったんじゃないかな。
出会えた奇跡を大切にするために。

Friday, January 14

Thursday, January 13

App Store

PCがごちゃごちゃとうるさいので、
おとなしくアップデートしてあげた。

App Storeが新しくインストールされた…。
iTunesとの違いがようわからんなあと思いながらも、
ちょっといじくってみる。

するとすると、なんと。
PC用のAppが取り扱われているではありませんか!
さっそくTwitterをダウンロード。
こんな感じ↓



Command+Nでツイートボックスがさりげなく出てきます。
使い心地がよい。便利。

そうかアプリって、こんなに手軽なんだ。
エクセルとかイラレのとなりに、
Twitterのアプリケーションがあるのが新鮮。

こうしてウェブブラウザーの必要性がどんどんなくなっていくのかな。
必要な情報はアプリが教えてくれる。
だから、自分からわざわざ検索する必要がない。
よってブラウザーは滅多に使わない。

これらのアプリはWindowsでも動作するのかな…。
いまやMacOSでWindows起動できるし、
"MacがぶりんちょWindows"の絵が頭をよぎった。

Thursday, January 6

たびたび旅

旅がしたい。

冬になればいつも思う。
お気に入りの音楽をiPodで聴きながら、
SBのコーヒーを空港でのむ。
湯気越しに飛行機を眺めながら。
鞄には地図と、これまたお気に入りのペーパバック。

何もしなくてもいいし、何かしてもいい。
そんな自由度が自分を安心させる。

旅がしたい。

Tuesday, January 4

Selectable, Unfree

10,000枚のCDを持ち出せる喜び。
"iPod"

1枚のCDを厳選する喜び。
"Play Button"

時に、選べる自由は、選ばなくてはならない不自由になる。

Saturday, January 1

20110101

あけましておめでとう!
小吉。
春の雪解け!

人に生きる2011年。にする。