Sunday, December 26

年の瀬 代々木を行く

暮れの押し迫る12/25。
代々木を散歩する。



駅から、丘を越えて、谷をまたぎ、初台方面へ。
時刻は17°30過ぎ。
初台駅前商店街では、主とおもしき男性が店の障子戸を洗っているのを見かけた。
そういえば、上尾の家でも年末ともなれば、障子を張り替えていたっけ。
新しい障子はとても気持ちのよい匂いがしたものだ。

それに新しい蛍光灯。
断然明るくなった部屋で、年賀状をたくさん刷ったものだ。

一路、新国立劇場を笹塚方面へ。
かんてんぱぱの前を今度は、八幡方面へ歩き出す。
裏路地におもむきのあるカフェをみつけた。
今度行ってみよう。
地元を散歩することはこんなひょんな出会いをさがすようで楽しい。

だいぶ暗くなってきた。
街灯が目につく。



しかし、今日はとても寒い。
空気で肌が切れそうなくらい。
けれど、この寒さも年末も重要な要素。
たくさん吸い込む。

初台の商店街まで戻って、右に。
山手通りまで緩やかに下る。
右へ。
代々木八幡。
和風パスタの老舗ハシヤにてごはん。
今年のハシヤおさめである。

年末の寂しさとわくわくが同居しているようなこの空気がたまらなく好きだ。
思わず、たくさんを記録しておきたくなる。