Saturday, December 11

瀬戸内に浮かぶ

11月上旬、瀬戸内海に行ってきました。



瀬戸内国際芸術祭:
高松とその沖合に浮かぶ小島たちに
新進気鋭の作家たちが瀬戸内海をイメージして制作したアートが点在しています。



芸術祭の見所は、なんといってもこれらの芸術作品。
でも、それだけじゃなくて、ひとつひとつ作品を巡るうちに目にする、
瀬戸内の海や島や人の営みさえも芸術だなと気づきます。

芸術は、環境を解釈だと思います。
だから、誰しも自身の中に芸術を持っているのです。







瀬戸内に心洗われて見たものは、何もかもが新鮮でした。
自分たちを包むすべての環境に感謝。



求めれば、限りは無く、
与えれば、満ち足りる。
これは、誰の言葉だったか…。