Tuesday, November 30

Next Island

この島にロックオン!

佐久島

直島よりも古い歴史のアート島だ。

Saturday, November 27

Tumblr

Blogger is for "Words".
Picasa is for "Pictures".
Twitter is for "Light Words".
Instagram is for "Light Pics".

(Blogger+Picasa+Twitter+Instagram)
make my Tumblr article.

Tumblr is for "Lifelog".

SHARE

先にご紹介した映画、INTO THE WILD。
独り荒野へと旅に出て、
死を目前にした青年の残す言葉。

「幸福が現実となるのは、
 それを誰かと分かち合ったときだ」

が、目と耳から離れない。
孤独の境地で青年が見た、真価。

SHARE HAPPINESS.

人の、人たるゆえんの原点をつく気づきなのかもしれない。

Elixir

エクシール シュペリエルのCMに出演している永作博美が可愛いい。
土岐麻子のEPOばりのすてきPOPUNミュージックに乗って、
きらきらする永作はみんなのアイドルだよ!

そしてホームページをうっかり訪れてしまった。
こうして化粧品メーカーのHPに滞在する男性もなかなか多いのではなかろうか。

Shiseido World Wideのタブが気になったのでクリック。
Shiseido @Franceに飛ぶ。

海外、とくにコスメの本場で日本が誇るShiseidoブランドは、
どんな位置づけなんだろう。



J'aime shiseido.
みたいな人がたくさんいるといいね。

これからは軽工業の時代だよ。
日本は得意だよー。
まってろワールドワイド!

ちなみにエリクシールとは、錬金術の際に使う万能薬のこと。
大義なり!わはは。

Tuesday, November 23

余白

金色に染まる雲海。
みたいなあ。
TBSの世界遺産が、中国山水画特集。

「真っ白の紙に映し出される、現実を越えた風景」
余白の美学だなあ。

日本龍安寺の枯山水もそうなんだね。
水が無いからこそ、水を想像させる。
心の余白に水が流れ出す。

想像は無限です。


.       `
  -  ’ _
 ,

Monday, November 22

RODEZ CHAIR



RODEZ CHAIR@ジャースタファニチャー
ごろっと。でもちょっとしゃっきり。したいときの椅子。
それは、つまり読書向きの椅子。

Sunday, November 21

立冬

琵琶湖疎水でも下りたいものだ。
滋賀の米原から、京都市街まで。
そうして、偽電気ブランを飲んで、清水の舞台で踊り狂う。

狂喜乱舞。

Friday, November 19

耳をすませば

ジブリ映画の「耳をすませば」で、
主人公が夢を旅する時、伴侶がこうつぶやく。

「恐れることはない。遠いものは大きく、近いものは小さく、見えるだけのことだ」

この間、これの本質をふと理解した気がしたのだけれど、
忘れてしまった。
気がしただけだったのか…。

宮沢賢治の「銀河鉄道の夜」には、
「遠いものは小さく、近いものは大きく、
遠いものは橙や黄いろではっきりし、近いものは青白く少しかすんで、…」とある。
この一節を、少々拝借したのかな。
と、想像を膨らませる。

Thursday, November 18

イロハビル

建築学科の頃の友と先輩が
東神田のビルを改装して住み始めて半年。
早いこと。

古びれた雑居ビルは、若い力で
よなよな人々が集う素敵な空間に様変わりしました。
コミュニティを育む建築です。

また遊びにいきたいな。

イロハビル

Sunday, November 14

Breakfast at Tiffany's

ティファニーで朝食を 観た。
ため息でちゃう。

Moon River, wider than a mile,
I'm crossing you in style some day.
Oh, dream maker, you heart breaker,
wherever you're going I'm going your way.
Two drifters off to see the world.
There's such a lot of world to see.
We're after the same rainbow's end--
waiting 'round the bend,
my huckleberry friend,
Moon River and me.

Wednesday, November 3

11

November.
2010 has only about 2 months.
It's too early to welcome new year.

It seems that I must enjoy 2010 enough in 2 months.