Saturday, September 4

シュガータイム


「シュガータイム」
小川洋子著 中央公論社

誰にでもひそやかに吐露したい過去の記憶がある。
というような作品。
作家の過去を知ってしまったようで、
妙な罪悪感を覚える。

小川洋子は早稲田大学文学部出身で、
早稲田、高田馬場界隈に馴染みがあるのか、
作中で頻繁に描かれます。
彼女のインスピレーションの根源。
原風景とも言える街なのでしょう。ね