Sunday, May 30

book cafe

ニューヨークには、ブックカフェという仕組みがあるようです。
本を読みながら、おいしいコーヒーをゆったりと楽しめるお店です。

本棚にならぶ本は全て売り物ですが、
まるで図書館のように好きなものを自分の机まで運んで読めます。
買わなくてもいいんですね。

お店の本は実は、古本。市民からの寄贈品です。
その他、出版社からの慈善で寄付されたものもあるとのこと。
さらに、お店で働く人のなかには、ボランティアの方が多いのが特徴です。
定年を迎えた方だったり、普段は大学で教鞭をとる方だったりが、
お店の考え方に共鳴して、時間を寄付しているのですね。

ブックカフェという空間を介して、
たくさんの人たちが、自分と社会との繋がりを見つけられます。