Monday, April 27

春の夜更け

床に、たんぽぽの綿毛が堕ちていました。
可能性を減らしたくなかったので、窓から逃がしました。

今日は、課題のせいでちょいと夜更かし。
2時に寝れば、ちょうどレム睡眠からの立ち上がりをキャッチできるはず。
もうしばし、がんばろうか。

Tuesday, April 21

くらやみ食堂

帰路の電車が急に停電。
走り続けてはいたけれど、蛍光灯が消えました。

くらやみ食堂」というのが、ちょっとした話題。
見えないから美味しい。 見えないから楽しい。
見えないからひろがる。
目を閉じれば、見えてくる。
そんな世界もある。

そうそう、目を閉じてみるものに、夢というもの。
夢ってなんだろうか。

Saturday, April 18

PHOTO IS

本当の時間は少しも止められないから、
ほんの一瞬をとどめたくて、人は写真を撮る?

Tuesday, April 14

human resource

やはり、人。
という実感です。
人が集まるからこそ、大移動して、集合するのです!
明日も、集まり、学び、呑み、散じて、謳歌しましょう。

Monday, April 13

品質は、畑から

成長し続けることが、続ける理由だって思っていた。
実は、試し続けることが、継続性を生むのだと、知る。

昨日とは、ひと味違う自分に、今日なる。
メールの返答が1分でも早い自分でも、5分だけ早く起きられる自分でも、
どんな形だとしても。
ただただ日進月歩、されど積み重ねれば確かな跳躍。

2009年4月、広大な実験場に船出
順風満帆 祈願

広大な、そう、それはそれは、広大な。
広大 — Ideas Win

Sunday, April 12

加速するスロータイム

東武線に乗って、亀戸へ。






旧中川。思ったより透明度が高い。

カヌーを楽しむ人。
深い緑色に、赤々としたカヌーが映える。

その後、映画「ホノカアボーイ」。

Saturday, April 11

クリエイト

「子どもはみな、生まれながらに芸術家だ。
問題はいかに芸術家であり続けるかということだ」

と、パブロ・ピカソは語ったと言います。
ほう。

さて、今日は、東銀座 → 有楽町 ↓
              丸の内

と、いうような散歩。

すてきカフェと良書と逸品を発見。
風が少しある土曜日の昼下がり。

Thursday, April 9

緑がまぶしい

昼休み日差しの強さに驚いた!
初夏を思い出す明るい日だった。

スーツを脱いで、広い公園の芝生でごろごろしたいなあ、
と、ビルの隙間で考えたよ。
のんびりすることが、同じく趣味なものですから。

今日の気づき
「プレゼンテータに聴衆を寝させないスキルは必須」
殊に、あたたかい清明の日頃には。ごろにゃあ

Monday, April 6

No No.1, but Only1

今日も、よく晴れました。

春風吹く日比谷を駆けて、本日も通勤してきた。

異分野に進んでみて、分かることが多いです。
日々勉強が必須な仕事だなと、いうことと、
あと、やはり建築は重要な要素。

独自性(=収益を上げられるオリジナリティ)を作っていかないと。
奇人変人が晴れを見る分野でないことは、よくよく分かってきた。

Sunday, April 5

思案

そうそう、これは、
最近気になること。

歩兵で、王将は射せるのか。

もしできるのならば、
将棋を勉強してみてもいい。

新社会人の4月。新しい4月

トレーニングが始まった。

こんなに勉強させてもらって、しかもお金がもらえるなんて…いいのだろうか。

社会人になれば、何かが変わるようだが、
別にこれと言って変化はない。と言っておこう。

1日は変わらず24時間しかないし、能力もやっぱり積んだだけ。

今日は、特に桜がきれいだった。