Friday, October 31

Wednesday, October 29

Magic Hour

さて、今から宿題がんばりますよぅ。

今日、夕方、とても奇麗な空の色に気がついた?
マジックアワー。
写真がいちばんに映える時間。
でもそんな時に限って、カメラを持っていない。
もったいないから、たくさん見てやった!

研究室は新宿大久保の8階にある。
新宿の高層ビル群が遠くに煌めく。
赤紫の背景に、蛍光灯の青白い色が効果的である。
マクドナルドのカップからの湯気がくゆる、涼しい窓際に腰掛けて。

Saturday, October 25

五感と朝食

おお、さむいさむい日曜日の朝、
寝起きの格好で、寝ぼけて、コーヒーをいれて、パンを焼いて、
まったりオーディオに耳を傾けているときに流れていてほしい音楽が、
クリスマスソングだったりするかも。

今日はどんな1日にしようか、
ひとまずごろごろかな。
妄想ぞくが、行く。
はい!ラパパンパン

Tuesday, October 21

八王子合宿

さて、明日から好例の八王子合宿。
一抹の無益感は拭いきれないが、合宿は慣例なので、今年も実施。
八王子は東京とは思えないほど底冷えする。

せめて、夜、星空が奇麗だといい。

Thursday, October 16

S ¥120

学校の裏手にマクドナルドの旗艦店舗がある。

大きなテラス席に、オレンジ色の庇が目立つ店舗。24時間営業。
120円でSサイズ(いつも、「ショート」って言いそうになる)のコーヒーがいつでも出てくる。

論文シーズンには、このマックのコーヒーが恋しくなる。

たかがマックのコーヒー、されどマックのコーヒー。

ベリーのように甘い香りに、栗の渋皮を連想させる乾いた匂い。
ほどよいコクに、きりりとした酸味のアクセントが効いている。
どんな人にも好まれる、絶妙なバランスは、しかし、提供されてから10分しかもたない。
冷めてしまうと、目が覚めるほどの風味。
だから、深夜にもぴったり。

コーヒー自体の香りもさることながら、
プラスチックカップがちょっと溶けるきわめて不健康な匂いも、
極上のコーヒータイムを演出してくれる。笑

さてさて、今日も、もう少し、がんばろう。

研究室で。

Wednesday, October 15

秋の夜長

上原ひろみ。

1979年静岡生まれ。29歳。
バークリー音楽院を主席で卒業した、確かな腕前のジャズピアニスト。
卓越したキートークが、人々を魅了する。

音楽で、表現できることがどれだけすばらしいことか、教えてくれる。
感情も、雰囲気も、時間も、五線譜に並べる。

--

音楽こそが藝術の発端だと言う歴史家がいる。

音楽こそ、人間の表現の欲望に忠実であると、。
たしかに、音楽を聴いていると、心持ちの起伏の高低をより感じる。

アドリブ、その場だけの、今だけの、雰囲気を醸し出して。
録音では聞き取れない、瞬きを映している。

Monday, October 13

moleskin diary

このブログ以外に、日記を付けている。

毎日ちゃんとつけているわけではなくて、
一週間まとめてとか、いろいろ。

サボリ気味。

Friday, October 10

秋の香り

きんもくせいの香りだろうか。
甘く優しい香りが、しばしば感じられる。

京橋も夏は、海の潮の香りがしたけれど、
今は、季節柄、きんもくせいの甘い香りが。

京橋にきんもくせい?

Saturday, October 4

目覚め

モラトリアムも終焉が近づき、
身も心も少しずつだけれど、変わってきているような。
大海原が目の前に、具体的に波間まではっきり見える。

忘れかけた、本分を忘れぬよう、残りの時間を過ごしたい。
自分が今何をすべきで、どんな存在でいられるのか、
よくよく考える。

これから、したいこと、みたいこと、いきたいところ、
ひとりじゃないから寂しくない。
今まで、見えていなかったものがみえる気さえする。
新しい一歩の前の、新しい一歩。

よし、明日からまたがんばろう!!
大切なかけがえのない時間を過ごそう。

Wednesday, October 1

October,

どこかで見た風景。
どこか体験した光。

米田知子、という写真家がいる。