Wednesday, July 30

photology

写真家 尾仲浩二。
彼の言葉。

いろんな所を歩き回ってはいるのですが、行き先はどこでもいいのです。
晴れていればうれしいけれど、雨の日もそれほど悪くない。
どこで何に出合ってシャッターを切るのか分からないから楽しいので、
テーマは何ですかと訊かれるのがいちばん困ります。

驚くような光景ではないし、絶妙なタイミングでもない。
不思議な感覚や強烈な印象も与えない。
癒しもしないし、突き放しもない。
難解ではないだろうが、確かな答えもない。
ましてや物語でも記録でもない。
そんな写真を撮りつづけていければ幸せです。
控えめで、自然体で、そして、誠実な。
しかし、写真家という職業が危ぶまれるような、そんな言葉だと思う。

けれど、やはり彼は写真家だと、「作品」が語っている。

カメラマンでなく、写真家の彼。

Tuesday, July 29

Colorfully Summerin'

今日も三越前から歩いた。

くすんだピンク色のタイルの階段を上がると右手に本屋さん。
堂々たる三越百貨店の黄金色の勇姿。

しばらくすると、左手に日本橋駿河ビル店、あっこさんを探す。

そして、日本橋。

高速から漏れる夏の高度の高い陽を受ける日本橋川の苔色。

コレド日本橋。

少し進めば、日本橋高島屋。

きらびやかな店内を抜けて、靴磨きのおじさんのパラソルはトリコロール。
梶井基次郎がレモン爆弾を仕掛けた丸善。

espressamenteの鮮やかな赤。
入るかどうか迷っていた就職活動中の学生のスーツの黒。
ここで、中央通りを反対車線へ。日陰が涼しい。

八重洲通りのキリンの王冠は黄色。
刃物屋さんの緑色の看板にパイロット本社の青いロゴ。
my jam明治屋。くるくる回るアサヒペンのペンキ缶。

鍛冶橋通りを右手に。
いよいよ愛すべき、サイレンの緑のロゴディスク。

京橋へ。音楽の耳栓を外すと、歓迎の一声。一日のようやくの始まり。

そういう贅沢な色合いの昼間。

Monday, July 28

Laphroaig

ラフロイグ」というウィスキーがある。
緑のビンの、それは美しい。
Laphroaigとは、広い湾の美しい窪地という意。

-------

バイト先の同僚が、
行方不明になった。

正確には伝聞なので、
本当かわからないけど・・

こういうこともあるんやな。

Sunday, July 27

ふと

99%の感じるこころ と
1%のテクニック が必要とされる仕事に就きたい。

と、ふと三越前から京橋に歩いている中、考えた。
という覚え書き。

なんでそう思ったかは、もう忘れた・・

今日もやばい暑かった。

Saturday, July 26

Wednesday, July 23

棒アイス

あまりに暑さが気持ちいいので、
研究室からの帰り、地元の桶川駅から自宅まで、
アイスクリーム片手にかえってきた。

贅沢な時間。

棒のついてるやつ。夏らしいやつ。

午後はクーラーのかかった部屋で、ごろごろ。
怠惰な夏。

Sunday, July 20

Hara Museum


原美術館。

大崎のカフェでドリンクとサンドイッチを買って、
ぷらぷら坂を登るとそこがこじんまりしたミュージアム。

Wednesday, July 16

目標

例えば、
立体の彫刻を作ることを考える。

小さなブロックを持ってきて、たくさん積む?
それとも、大きな丸太を運んできて、たくさん彫る?
どちらでも、立派な彫刻ができると思う。

積み木をつむか、丸太を彫るか。

自分は丸太かな。と、昨日、
研究室からぷらぷらコンビニへ向かう途中、
ふと思った。

Monday, July 14

Pomegranate


Invitation to early summer scene

神田淡路町を散歩。

初夏。燦々。
平淡な日常、どこへやら。

銀座を途中下車しました。
浮き足立つ歩行者天国。
ハレの光景のまぶしさ。

ざくろ粒々の煌めきは、
夏の可能性。

ひかりあふれる夏。

Saturday, July 12

反省

バイト先でSSVとしてシフトコントロール。

仮に、自分が戦国武将だとして、
今日が合戦だったとして、
そうしたら、首が危ぶまれる事態だったかもしれない。

コントロールは難しい。ことに人となると。

とくに戦国時代に明るいわけではないけれど、
そんな想像を。
采配を握っているということか。
試行錯誤の毎日。
天下は取れぬが、関わる人の笑顔は勝ち取りたいもの。

Wednesday, July 9

臭いものには蓋

最近はすっかり地下鉄副都心線にお世話になってる。
朝から学校の目と鼻の先に、地下鉄で乗り付ける。

そうそう、地下鉄にのゴミ箱にふたがかけられている。
おかげでゴミが捨てられん。
不便さを知って結構ゴミを捨てていることに気づかされたり。

北海道洞爺湖サミットとかけて、
鉄道のゴミ箱ととく、
そのこころは、

環境問題を考える。

Monday, July 7

よくたべた

今日、食べたもの。

・チョコレートのスコーン
・アスパラと鮭のまきまきサンド
・十割そば
・おにぎり
・シュガードーナツ
・塩ラーメン
・半熟味卵

そして、今からとらや!の水ようかん。
動いた分、ちゃんと摂取したので、プラスマイナス0。
現金差異もなく、いい一日だった。

Sunday, July 6

あああつい

おお!夏だ!
フラペーニョもいいけど、
かき氷がたべたい。

Wednesday, July 2

Teaching Assistant

義務でTAをやって、誰がやっても同じ仕事だと、考えていましたが、
そんなことはなかったようだ。

教育は、出会いであるのかな、と、奥深さを感じた。

情報化社会の中で、生身の付き合いが希薄になっていますが、
まさに身をもって、その大切さを思った。

あと、TAとして働くのも、2回。
微力ながら、まだ何かを、残せるだろうか。

Tuesday, July 1

参加者募集中

Hooray!! もう7月!! たくさん遊ばないと!

まず、日本橋に集合です。
日本橋穴子専門店「玉ゐ」。
滋養強壮と行きたいものです。

ばっちり元気になって、それで浅草で浴衣を作ります。
作ってもらっている間は、もちろん電気ブランを飲みに、老舗「神谷バー

さて、浴衣ができたら、それを着て割引価格で屋形船に乗ります。
そこで乾杯!!

そして、「東京湾花火」を船上から鑑賞という贅沢江戸満喫プラン。