Tuesday, July 4

水中エンジン Engine in the Water

國府理 《水中エンジン Engine in the Water》
アートスペース虹 2012.5.22~6.3 展示風景ムービー



やりたいことをやれ - 本田宗一郎 / 経営に終わりはない - 藤沢 武夫

2冊まとめて読んだ。

本田技研工業を立ち上げた2人。

そういえば、Power of twoなる本がビジネス書で、今上位ランクインしていたが、
ホンダのことは書いていなかった。

奇しくもホンダのスローガンPower of dreamsと
似た名前なのに。



まさに本田宗一郎語録。
エピソードに触れ、非常に読みやすく、深い内容であった。

そして、そこに度々登場する藤沢さんの本が以下。



記憶にとどめたい言葉
しかし、そういう変転きわまりない時代にあって、根本的に変わらないということがひとつある。それは何かというと、人の心というやつだ。つまりはその思想であり、その根っこの哲学である。しっかりした思想と哲学をもたぬ企業は、これから先どんどんつぶれていくだろう。 
いつ、誰が、どこで受け止めても、なるほどと納得できる思想を持つか持たないかで、企業の生命は決る。妥当かつ普遍的な民族を超えた哲学があれば、その企業は必ず世界へ伸びるといってよい。



本田宗一郎と藤沢武夫は、バイクの前輪と後輪のように、
役割が違った経営者であり、それぞれ制約を与えすぎなかったために、
成功したのだなぁと思った。

経営者としての二人は、引き際も見事だったとか。

Sunday, July 2

東京国立博物館

梅雨の晴れ間、
国立博物館へ行ってきた。

パンダの赤ちゃんが生まれたこともあってか、
上野公園はとても混雑していた。

山下口から、人混みをぬって公園内を進む。
やはり動物園が人気のためか、噴水の池まで来ると人もまばらで、
目の前にどっしりと建つ博物館の建物がよく見えるようになった。

博物館は、じじばばばっかりかな?と思ったけれど、
実際のところは若者も多かった。あと、西洋人。

西洋の人は本当に博物館が好きだよね。
よく海外行っても、熱心に博物館(美術館含む)で、
勉強してたり、模写してたり、
やっぱりこのあたり、教育の違いが出てるのだろうか。

自分の好きな作品を探すことにして、広大な建物を巡った。



桃に猿水滴/桃に鹿水滴
江戸後期

博物館のHPから。

古来、毛筆で用いる墨液は、硯(すずり)に水を注ぎ、固形の墨をすって作ります。その水をたたえておく小さな器が「水滴」です。やや大きめのものを「水注(すいちゅう)」、水をすくう匙(さじ)を備えたものを「水盂(すいう)」と区別することもあります。水滴は、筆や筆を掛ける筆架(ひっか)、硯やそれを飾る硯屏(けんびょう)などともに、毛筆の文化圏においては重要な道具のひとつであり、さまざまな材質を用い、形やデザインに趣向をこらしたものが作られました。材質としては陶磁器が最も多く、他に金属製や石玉製があります。中国では南北朝時代(5~6世紀)ころのものが早い例として知られ、日本では当館の法隆寺献納宝物にある、国宝 金銅水滴(奈良時代・8世紀)が現存最古の例として有名です。その後、金属製の水滴は各時代で連綿と製作され、特に江戸時代以降は、高度に発達した金工の技法を駆使し、動物・植物・人物故事などを主題として意匠をこらした作品が数多く作られました。

平成25年、当館に一括して寄贈された「潜淵コレクション」の金属製水滴は、渡邊豊太郎(わたなべとよたろう、潜淵(せんえん))氏とご子息の誠之(まさゆき)氏が収集した442件から形成されます。中でも江戸時代の作品は、動物・植物・器物・人物故事などさまざまなジャンルにわたり、類例の少ない七宝の作品も多く含まれます。まさに質・量ともに日本を代表する水滴コレクションといえるでしょう。本特集ではその中の各ジャンルから138件を展示し、金属製水滴の多彩な内容と豊かな造形表現をお楽しみいただきます。





蘭亭序屏風
亀田鵬斎 文政7年(1824年)

蘭亭序というのをウィキで調べ、
「卒意」という言葉があるのを知る。

まさに狙ってできる筆致ではないと思い、
思わず目を留めたわけだが、きっと亀田鵬斎も
そのような卒意状態であったに違いない。






書簡
細井広沢

この妙なデザインがされた書き出しの漢字?と
印鑑のこれまた謎文字のデザインがかわいらしい!






たしか、能の衣装だったかな。
繊細な刺繍が超美しいって思った。





今年入ったという屏風。
ぐっと目を引いたので、よく見たら、先の亀田鵬斎の書であった。





タコ、酒飲んでるよ・・
カモネギみたい。



高円宮の根付コレクション。
むちゃんこかわいかったので、写真集をパシャリ。






三彩狸置物
仁阿弥道八・江戸後期

平成狸合戦ぽんぽこばりに可愛かった。
横からの猫背?狸背?もキュート!

能面なんかの展示も多くって、
千と千尋の神隠しの神様みたいだった。

きっとジブリもこういうところから着想しているに違いない。

しかし江戸時代の人もユーモラスだなぁ。
メディアや情報も対してない中、
とんでもない想像力と思った。






琉球の着物。

背景の淡いブルーが、赤を引き立てて見事。
今でも新しいな!かわいいな!と思えるテキスタイルデザイン。

琉球の着物や器は、赤の使い方が印象的だった。
そういえば守礼門も赤いし・・赤が好きだったのかな。









大正期に書かれた一連の風景作品。
浮世絵の新しい表現を模索したものだとか。

どことなく物悲しく懐かしい風景が、
印象的な黒の中から淡く光る様子に惹き込まれるようである。

一番初めの品川の絵も、帆と水面に写った帆の白が非常に印象的。





Monday, June 26

本質思考: MIT式課題設定&問題解決 - 平井 孝志

得意先の方から紹介いただいて読んだ。

特に、
モデル × ダイナミクス
が、
ストーリーに
なるという
ところがぐっと来た。

Tuesday, June 20

行こう、どこにもなかった方法で - 寺尾玄

壮絶だった。

ビジネス本の棚にあったけど、
これは、人文とか、うーん、旅行記の棚でも良いのでは?
というそんなすごみがあった。



バルミューダ、知ってはいたけど、
とんでもない出自があったんだ。

Thursday, June 15

シナリオ(ストーリー)構築の必要性

これも覚書としてメモ。
資生堂宣伝部の対談から。

チームで作るコピーと「エディティング」する力|5


吉田 クリエイティブ・ストラテジストの仕事で大切なもののひとつに、「シナリオの構築」があります。これにはシンプルなアイデアから時間軸に沿って立体的な展開を構成する編集力、あるいは複雑な現象からシンプルな本質を抽出する分析力が求められます。たとえば、Googleの「さがそう。」というコピーは、シンプルでも力強い、優れたクリエイティブアイデアの起点になるものです。このコピーは、いろいろなものを探して進化してきた人類のDNAに、「さがすことは豊かになること」という情報が組み込まれていて、何を探すかがその人の生き方につながる、というインサイトに基づいています。社会やビジネス、人やブランドへの論理的な考察に、深みのあるインサイトと本質的な価値を語るマニフェストがうまく組み合わされば、コピーはシンプルになっていけると思います。

Wednesday, June 14

報酬について

いつでもリマインドできるように、リブログしておく。
リブログ元はコチラ

 ▽

もしあなたが経営者、もしくはマネジャー、管理職であれば、従業員の幸福度には関心を持たざるをえないだろう。
なぜなら、「幸福な従業員」は、高いパフォーマンスと関係があると、多くのエビデンスが示しているからだ。
幸福度の高い労働者ほど生産性が高いのか?(独立行政法人経済産業研究所)
実験室の中での研究や実世界で得られるエビデンスはいずれも従業員の健康に注意を払うことは企業にとって有益であることを示している。
幸福感は努力を促し、質に影響を及ぼすことなく生産量を拡大し、生産性が向上するようである。一時的な幸福感の上昇や根底にある幸福感の長期的な変化は生産性向上と関連している。
先日の記事においても、幸せな人でなければ、だれかを幸せにはできない、という話が述べられていた。
全くそのとおりであると思う。
藤澤和雄調教師は、若い頃から競馬関係の仕事を志していたわけではなくて、大学で教職の資格を得たものの、自分に教師は向いていないのではないか、と感じて、半ば「自分さがし」のように父親の友人の牧場で手伝いをするようになったそうです。
そんななかで、馬や競馬への興味を抱くようになった藤澤青年は、アイルランドの名門厩舎に留学します。
留学とはいっても、言葉の壁や技術の差、考え方の違いがあって、苦労も多かったそうですが、現地のスタッフからこんな言葉を聞いたのが印象に残っていると著書にありました。
“Happy people make happy horse.” 
日本でもアイルランドでも、馬に対して真摯に接するのは同じだけれど、アイルランドでは、馬が主役であるのはもちろんですが、厩舎で働く人間が“Happy”であることを重視していたのです。
成果をタテに従業員を追い詰めても、雑な仕事が無駄にたくさんこなされるのが関の山であり、本質的には従業員のパフォーマンスは上がらない。
従業員を使うのがうまい経営者は、従業員たちの「幸福」に注意を払うことを厭わないのである。

従業員を幸せに保つにはどうしたら良いのか?

そこで気になるのは、「従業員を幸せに保つにはどうしたら良いのか?」というテーマである。

一つには、「思い切って給料を高くすれば、従業員の幸福度が上がって、仕事のパフォーマンスを上がるよ」という意見がある。
しかしまた他方では、私の知る経営者はこんなことを言っている。
「優しくすると、従業員は逆に怠けるようになる。給料を上げれば、もっとよこせと騒ぐ。従業員は「ちょっと厳しい」という待遇ぐらいが最もパフォーマンスが良いのだ。」

一体どちらが正しいのだろうか。

幸福経済学を専門とする行動経済学者、ナッターヴート(ニック)・ポータヴィーは、「幸福」について、著書の中で次のように述べている。
収入で幸福を買うことは確かにできる(みんなが考えているほどではないが)。
だが、自身の収入の増加にどのくらいの期間で順応するかについては、あまり知られていない。
3人の幸福の専門家、インペリアル・カレッジ・ロンドンの経済学者であるロバート・マカロック、ドイツのジョン・ハイスケン=デニュー、フェンシングの元オリンピック・アルゼンチン代表であり現在ではハーバード・ビジネススクールの教授であるラファエル・ディ・テラは、そのことを解明しようとした。
例のドイツの長期的データを使って、世帯収入の50パーセント増に人々が完全に慣れるまでにはたった4年しかかからないということを彼らは明らかにした。
幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円!?

幸福の計算式 結婚初年度の「幸福」の値段は2500万円!?

  • 阿部 直子
  • CCCメディアハウス
  • 発売日2012/01/31
  • 商品ランキング19,962位
驚くべきことに、世帯収入が50%も伸びたとしても、その効果は4年しか持たない。
具体的に言えば、年収400万円の人が、年収600万円となったとしても、それはたった4年で「慣れて」しまう。

この結果を知れば、「思い切って給料を上げて、従業員を幸福にする」のは、いささかコストパフォーマンスが悪いという結論となるだろう。
さらに、ニック・ポータヴィーは「お金よりも「自分の順位」のほうが意味を持つ」と述べる。
幸福をお金で買うことができるのは事実だが、自分に関わる他人の収入が高ければ高いほど自身の絶対的な収入では満足できなくなるのだ。
なんてことだ。相対的な収入はジグソーパズルの小さな1ピースにしかすぎず、もっと気にかけていることを代弁しているのだ。人々が実際に気にかけているのは、関わりのあるグループにおける自分の順位なのだ。
(中略)
人は自身の順位自体に価値を置くということだ。そして、得られる幸福度に関して言えば、おそらく順位の意義は絶対的な収入をも上回る。
以上のことからわかるのは、次のことである。
・給与は、少しずつ、できるだけ小刻みに上げ、幸福が持続する期間を長くすること。
・パフォーマンスの高い人には、社内の他の人との「差」を明確につけること。例えば肩書、地位を与えるほうが従業員の幸福は長く持続する。

そう考えれば、毎年わずかながら少しずつ昇給が行われ、同期の中でもほんのすこしずつ「差」がつく、年功型賃金は、従業員の幸福感を生み出す装置としては非常に優れていることがわかる。

また「かなり優秀で、手放したくない」という社員については、少々の昇給を行ったところで大した意味はない。
事実、ノーベル経済学賞を受賞した認知心理学者のダニエル・カーネマンは、著書の中で次のように述べる。
もうそれ以上は幸福感を味わえないという所得の閾値は、物価の高い地域では、年間世帯所得ベースで約七万五〇〇〇ドルだった(物価の低い地域ではもうすこし少ないだろう)。この閾値を超えると、所得に伴う幸福感の増え方は、平均してなんとゼロになる。
ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

ファスト&スロー(下) あなたの意思はどのように決まるか? (ハヤカワ・ノンフィクション文庫)

  • 村井章子
  • 早川書房
  • 価格¥ 907(2017/06/14 16:09時点)
  • 発売日2014/06/20
  • 商品ランキング338位
7万5千ドルといえば、現在では日本円で800万円ちょっとだ。
この水準を上回る給与を既に得ているような「上位層」は、年収が1000万円になろうと、1200万円になろうと、大した意味を感じない可能性が高い。
逆に、経営者が「1000万も払っているのだからやる気を出してくれるだろう」と勘違いをしている可能性が高い。

その場合、彼に幸福感を感じてもらうには、
・役員などの地位を与える
・ストックオプションを用意し「資本家」の一人に加える
・世の中の「順位」に即した相応の報酬、2000万円、3000万円という、サラリーマンの域を超えた報酬を用意する
(報酬は、しきい値を超えると「ステータス」として扱われる。)
と言った手段を用意する必要がある。

余談だが、「リストラ」「降格」「減俸」などの社員にとっての不利益は、逆に一気にやってしまわなければならない。
なぜならば、ダニエル・カーネマンらの研究により「損失」は「利得」よりも、より強く感じるとわかっているからだ。
損失回避とは簡単に言うと、利益を得るよりも損失を避けることを選ぶ強い傾向のことだ。言い換えると、勝利と敗北が幸福に与える影響は明らかに同じではないということだ。私たちは勝つことが好きだ。だが、敗北を嫌う気持ちのほうがもっと強い。
(中略)
ふたつの選択肢が示されたときには、その利益の違いよりも不利益の違いのほうが影響力が大きいということだ。このため、人々は今より条件が悪くなる側面に対してより敏感になる。
100万円を失うのと、100万円を得るのとを比較すると、100万円を得る喜びでは、100万円を失う痛みをカバーすることはできない。また、リストラなどの「敗北感」は、回復までに非常に時間がかかる。

こう考えると、今話題の「働き方改革」があまり支持されないのも、「長時間労働が減った」という幸福感に比べて「もらえていた残業代が減った」という痛みのほうが大きいからではないだろうか。
ダラダラと少しずつ社員の給料を下げ続けたり、毎年ボーナスの額が下がっていくといった状況は、従業員を極めて不幸にするのである。

マキアヴェリは「君主論」の中で、次のように述べた。
要するに、加害行為は、一気にやってしまわなくてはいけない。そうすることで、人にそれほど苦汁をなめさせなければ、それだけ人の憾みを買わずにすむ。
これに引きかえ、恩恵は、よりよく人に味わってもらうように、小出しにやらなくてはいけない。
新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO)

新訳 君主論 (中公文庫BIBLIO)

  • Machiavelli,池田 廉
  • 中央公論新社
  • 価格¥ 843(2017/06/14 18:12時点)
  • 発売日2002/04/25
  • 商品ランキング405位
要するに、この一言が、「報酬」と「幸福」に関してのすべてを示していると言えよう。
マキアヴェリの透徹した一言には、頭が下がるばかりである。